タグ:月 ( 3 ) タグの人気記事

2016年 07月 13日
明るいレンズが欲しい
先日、天の川を撮影していて痛切に感じたこと、それは「もっと明るいレンズが欲しい」。
使ったレンズはキヤノンEF24-105mm F4L IS USMで、これはこれで常用レンズとしてはキレも良くて申し分ないと
思っています。しかし暗い夜空に向けてシャッターを切るには、もう少し開放F値の明るいレンズがいい。キヤノン純正の
Lレンズが理想ですが、値段がはります。そこでネットで半日かけていろいろ調べてみました。
サードパーティ製ではタムロンかシグマ、韓国製でSamyangなる一部天文マニアの間で人気のレンズもありましたが、
いろいろあって除外。最終的にシグマが良さげとの結論に至り、さっそくAmazonでポチりました^^。

翌日届いたのがSIGMA 30mm F1.4 DC HSM |Art。APS-C専用の単焦点レンズです。
レンズスペックはググっていただくとして、私がこのレンズを選択した最大の理由はF1.4という明るさと開放絞りでの
シャープさ。一般的に昼間の撮影では絞り込めばしっかり解像しますが、星空撮影では逆に絞りを開けて光をたくさん
取り込む必要があります。ISO感度は上げたくない、長時間露光で星を流したくない、そのためには明るいレンズで
低ISO、なるべく短時間露光で星を点で写し撮る・・・これが理想です。
さてこのレンズの性能はどうか。近々、シェイクダウンを兼ねて再び暗い夜空にチャレンジしようと思います。
b0184848_1336846.jpg

近頃のレンズは花形フードが多いですが、このレンズは筒型。逆に新鮮に感じます。
b0184848_13361564.jpg

昔からシグマのレンズはちょっとクセがあるというのが定評ですが、こういうレンズを上手く使いこなすのも撮影の
楽しさ。「機材に走る前に、まずウデを磨け」という声が聞こえてきますが、何事も挑戦です。35ミリ換算で48ミリは
ほぼ標準レンズの画角に近いので常用レンズとしても使えますね。

天文つながりでいえば、7月9日は月と木星がかなり近づいた日です。中空に浮かぶ上弦の月の右に木星があったので、
500ミリレンズで撮影してみました。EOS7Dmk2 EF500mm F4L IS USM
b0184848_13403978.jpg

もう一つ天文つながりの写真を。関東では7月10日午後2時過ぎ、太陽を中心に丸い輪が出現。これは「ハロ」という現象で、
大気中の氷の粒が反射して出来る虹の一種だとか。天気が下り坂の時に出るのだそうです。EOS-1Dmk4 EF24-105mm F4L IS USM
b0184848_1341258.jpg


by granpatoshi | 2016-07-13 07:00 | カメラ・機材 | Comments(6)
2010年 08月 27日
小さい満月
車の中でNHKラジオ『子ども電話相談室』を聞いていたら、面白い話をしていました。
月は楕円軌道を描きながら地球を回っているので、最も地球に接近した時と最も離れた時では
見え方(大きさ)も違ってくる。8月25日は遠地点の月で、今年最小の満月。地球からの距離は
約40万キロだったそうです。ちなみに近地点の月は1月30日で、この時の距離は約36万キロ。
『ナショナル・ジオグラフィック』誌によれば、近地点も遠地点も概ね1ヶ月に一度通過するとの
ことですが、月の軌道に“ゆらぎ”があるために遠地点、近地点ともに変化するするらしい。
6月25日と7月25日に撮影した月と、近地点を通過した8月25日の満月を比較してみましたが、
僅か1ヶ月程度の違いでは見た目の差はほとんどありませんでした。(上から6月、7月、8月)
b0184848_2130230.jpg
b0184848_21301780.jpg
b0184848_21302587.jpg

で、上の3つを合成してみましたが、ほとんど差はなかった^^;
b0184848_2131157.jpg

2011年の最近地点は3月19日、最遠地点は10月12日とのことです。

ところで話は変わりますが、キヤノンが長玉2本をリニューアルしましたね。
328Ⅱ  787,500円 蛍石レンズが2枚になり、Ⅰ型より200グラム軽量化
428Ⅱ 1,312,500円 蛍石レンズが2枚になり、Ⅰ型より1.52キロ軽量化
だそうです。これでⅠ型の値段が下がりますね^^。あ、60Dも出るそうですよ。

by granpatoshi | 2010-08-27 21:38 | 風景 | Comments(12)
2009年 08月 03日
アポロ11号
夕食を終えた後、ベランダに出てボンヤリしていました。
ふと気がつくと南東の空に月。満月ではなく、左の方が少し欠けている。
部屋から急いで撮影道具一式を取り出し、さっそく月面撮影に取り掛かる。
撮影したあとも月を眺めていて、そういえば1969年7月16日、
アポロ11号が人類初の月面着陸に成功したことを思い出しました。
今から40年前の出来事なんですねぇ(わたしゃまだ大学3年生^^;)。

無事地球に帰還したあと、ニール・アームストロング船長、マイケル・コリンズ、
バズ・オルドリンの3宇宙飛行士が来日、銀座をオープンカーでパレードしました。
見に行きましたよ、私も。カッコ良かったな~^^。
空中に浮かんでいるモノは何でも撮りたがる癖で、飛行機、カワセミ以外にも
月を狙ってみました^^。

新兵器GOYON+1.4EXTENDERです。色の補正が難しそうなのであまりいじっていません。
b0184848_21535213.jpg


by granpatoshi | 2009-08-03 21:59 | 風景 | Comments(6)