2019年 03月 19日
伊豆周遊 その1 大室山~伊豆高原
毎年この時季に私、家内、義母の3人で旅行をしていますが、今年は近場の伊豆へ一泊の旅をしてきました。

まずは真鶴半島の真鶴漁港で腹ごしらえをしたあと、伊豆半島大室山を目指します。
標高580メートルの火山で国の天然記念物になっています。リフトで山頂まで登ると眼下には絶景が広がって
いました。これから気温が高くなると遠景は霞むので、今が一番眺めが良い季節かもしれません。

次に、おおかん桜が満開という伊豆急行伊豆高原駅へ向かいます。濃いピンク色の花が咲き誇っていて、
一足早く桜の花見を堪能しました。この後、伊豆半島を少し南下して今夜の宿へ。ホテルの中庭には綺麗に
整備された花壇があり、いろんな花が咲き誇っています。伊豆を代表する花と言えばストレチア(ストレリチアとも)。
私はこの花が大好きで色や姿形がとてもフォトジェニック。このホテルのシンボルデザインにもなっています。

露天風呂につかっていると、砂浜に打ち寄せる波の音が聞こえて来ます。
昨年は2度の入院などで旅行に出かける気持ちの余裕もなく、露天風呂の気持ちの良さもすっかり忘れて
いました。これぞまさに至福のひとときです^^。

大室山の麓では早咲きの桜が満開
b0184848_11372424.jpg

リフトで大室山の山頂へ
b0184848_11373271.jpg

伊東の街並み
b0184848_11373814.jpg
b0184848_11374524.jpg

伊豆大島も指呼の間
b0184848_11375016.jpg

b0184848_11375775.jpg

おおかん桜 おおしま桜と寒桜を交配したものだそうです
b0184848_1138495.jpg
b0184848_11381045.jpg

b0184848_11383752.jpg

ストレチア 別名極楽鳥花とも
b0184848_11384555.jpg
b0184848_11385315.jpg
b0184848_11385928.jpg


# by granpatoshi | 2019-03-19 07:00 | 風景 | Comments(4)
2019年 03月 17日
マクロはこう撮れ!
な~んて、一度言ってみたいもんです、はい^^;。

居間やベランダで咲いている花をマクロレンズでパシャッ。
上から撮ったり横から撮ったり、あるいは花芯に寄ってみたりといろいろ試してみました。
マクロレンズは肉眼では見えにくい世界を撮ることが出来るので面白いのですが、被写体の造形の
面白さや微細な構造などをうまく取り込まないと「ただ単に大きく撮っただけ」の写真になりかねません。
写真というのはある意味自己満足の世界でもあるので、撮った本人が満足であればそれはそれで
いいのですが、見る人が思わず唸るような写真が撮れればこれにすぎる喜びはありません。
いつかそうなるようにもっと精進しなければ。
b0184848_11462454.jpg

b0184848_11463131.jpg
b0184848_11463754.jpg
b0184848_11464259.jpg
b0184848_11464851.jpg
b0184848_11465394.jpg
b0184848_11471100.jpg
b0184848_1147628.jpg


# by granpatoshi | 2019-03-17 07:00 | 花・生き物・ペット | Comments(0)
2019年 03月 15日
相棒
あ、いえ特命係の杉下右京警部と冠城亘巡査のコンビのことではなく、我が愛車ステージアのことです。
私の相棒になって今年の秋で19年目、この間の走行距離は159000キロ。
私はこの相棒がとても気に入っています。2500CC、直列6気筒のエンジンは噴け上がりも良く、峠道の
ワインディングロードなどもスイスイで快適なドライブが楽しめます。後部のラゲージスペースも広く、旅行の
際の荷物や道の駅で仕入れた野菜などを収容するスペースも余裕タップリ^^。
快適に乗り続けるために定期点検は欠かさず受け、万全の調子を保ちながら乗っています。

しかし寄る年波には勝てず、定期点検の際に部品交換の度合いも多くなっています。
この3月の点検ではファンベルト交換、バッテリー交換、計器盤周りの球切れなどによる修理でそこそこの
費用がかかりました。CS放送の人気番組『名車再生 クラシックカー・ディーラーズ』のエド・チャイナや
アント・アンステッドのような優秀なメカニックが知り合いにいれば話は別ですが、素人は専門家に頼むしか
ありません。
そんなこんなで維持費もそれなりにかかりますが、長距離ドライブなどでは余裕の走りを実感させてくれるので、
我が“相棒”として末永く大事に乗り続けたいと思っています。
b0184848_11314549.jpg


b0184848_11315487.jpg


# by granpatoshi | 2019-03-15 07:00 | 乗り物 | Comments(4)
2019年 03月 13日
囲炉裏写真
私、“囲炉裏写真家”、または別名“たき火写真家”を自称しています^^。

以前にも当ブログで紹介いたしましたが、地元の緑地公園内にある「日本民家園」では全国各地から
古民家を移築展示していますが、そのうちの何軒かでは囲炉裏に火をくべています。
煙を屋内に行き渡らせることで藁葺き屋根に巣くう害虫や湿気による腐食から防いでいるのです。
囲炉裏はただ暖を取ったり湯を沸かすだけではなく、家を守る大切な役割を担っているのですね。

囲炉裏番のおじさんやおばさんと四方山話をしながら囲炉裏の前に座って火を眺めていると、なぜか
心まで暖まってくるから不思議です。時折薪がはぜて火の粉があちこちに飛び散りますが、これを
これをスローシャッターで撮ると、人間の目では見られない火の光跡が飛び跳ねる様子が写ります。
頬を火照らせながら手をかざす・・・囲炉裏っていいなぁ^^。
b0184848_14352462.jpg

b0184848_14353081.jpg
b0184848_14353620.jpg
b0184848_14354247.jpg
b0184848_14355088.jpg
b0184848_1435568.jpg
b0184848_1436264.jpg
b0184848_1436812.jpg


# by granpatoshi | 2019-03-13 07:00 | 生活 | Comments(2)
2019年 03月 11日
鎌倉散歩 その2《円覚寺》
竹の寺、報国寺の次に訪れたのは円覚寺。臨済宗円覚寺派の大本山です。
横須賀線沿いの道から階段を上がっていくと大きな山門が姿を現します。京都南禅寺の山門に負けず
劣らずの立派な構えです。気を引き締めて奥へ進むと法堂(はっとう)。ご本尊の「宝冠釋迦如来座像」が
鎮座し、守屋多々志画伯の手になる天井画「白龍図」が仏を守っています。

広い境内には多くの塔頭が点在し、いかにも大本山の風格が漂っています。
しかし残念ながらどの塔頭も一般公開はしていませんが、期間限定で公開している塔頭もあるようです。
禅宗寺院なので日々の修行は座禅から始まりますが、週末には一般の人を対象にした座禅会が催されて
います。私、恥ずかしながらこの歳になっても未だに煩悩に苛まれています^^;。
一度ならずと座禅を組んで人生観を変えた方が良いかもしれません。

同じ臨済宗の建長寺ほど訪れる人も多くなく、静かな雰囲気で禅寺の雰囲気を味わうことができました。
(境内が広いので写真も多めです^^)

門前の石段
b0184848_14145377.jpg

山門
b0184848_1415162.jpg

法堂
b0184848_1415775.jpg

ご本尊
b0184848_14151382.jpg

天井画 
b0184848_14151951.jpg

選仏場 修行僧のための座禅道場
b0184848_14152666.jpg

路端の仏様 ちょっとした小径にあったりします
b0184848_14153136.jpg

居士林 在家の人のための修行道場
b0184848_14153868.jpg

妙香池(みょうこうち) 創建当初からあった池を再建したのだとか
b0184848_14154425.jpg

佛日庵 北条時宗がこの場所に小さな庵を結んで禅の修行に励んだのが始まりだとか
b0184848_14155164.jpg

方丈と書院外観 禅寺らしい凛とした佇まいです
b0184848_14155740.jpg

方丈内部 本来は住職の居住空間ですが、いまでは仏教諸行事に使われるそうです
b0184848_1416460.jpg

百観音霊場 観音様がずらりと並んでいました 
b0184848_14161164.jpg

唐門 天保年間に建立されたそうです
b0184848_14161630.jpg

国宝「洪鐘(おおがね)」 急な石段を125段登った先にありました
b0184848_1416232.jpg


# by granpatoshi | 2019-03-11 07:00 | 風景 | Comments(0)