2021年 10月 24日
丸の内散歩 その1《東京駅》編

夏の暑い盛りの頃、超広角レンズ・シグマ14-24ミリをゲットしたものの、まだ本格的な

撮影には行っていませんでした。このレンズの凄さ、面白さを実感するには都会の風景が

ベストかなと思っていたので、東京駅から丸の内のオフィス街を歩いてみました。

東京駅丸の内中央口改札を出ると美しく整備された駅前広場が広がっています。

左に旧丸ビル跡地の高層ビル、正面奥に皇居の木立、右に旧新丸ビル跡地の高層ビルがそびえ、

威容を誇っています。振り返るとレンガ造りの東京駅。ここでは駅の喧騒も聞こえず、静かな
佇まいを見せています。さすが日本の首都の駅に相応しい雰囲気を醸し出しています。

新幹線乗り場が近い八重洲口は一日を通して人の流れが途切れることがありませんが、丸の内の
オフィス街に面している丸の内口は朝夕の出退勤時間帯は人の流れも多いですが、昼間の

時間帯は人の流れもまばら。東京の、いや日本の玄関口とは思えない静けさでした。

さてシグマ14-24ミリの感想ですが、林立する高層ビル群を撮ると画面の両端の建物が中心に

向かって傾いていて、超広角レンズの凄さを実感しました。いやぁ、楽しいレンズです^^。

丸の内散歩 その1《東京駅》編_b0184848_18062408.jpg
丸の内散歩 その1《東京駅》編_b0184848_18062754.jpg
丸の内散歩 その1《東京駅》編_b0184848_18063086.jpg
丸の内散歩 その1《東京駅》編_b0184848_18063323.jpg
丸の内散歩 その1《東京駅》編_b0184848_18064586.jpg
丸の内散歩 その1《東京駅》編_b0184848_18064854.jpg
丸の内散歩 その1《東京駅》編_b0184848_18065146.jpg
丸の内散歩 その1《東京駅》編_b0184848_18065482.jpg
丸の内散歩 その1《東京駅》編_b0184848_18065780.jpg
北口と南口のドームの内部はこうなっています
丸の内散歩 その1《東京駅》編_b0184848_18070141.jpg



# by granpatoshi | 2021-10-24 07:00 | 風景 | Comments(0)
2021年 10月 22日
ホトトギス2題

秋の園芸植物として人気のホトトギス、日本が原産だとか。

花言葉は「秘めた意志」「永遠の若さ」と、どれも私にはまったくあてはまりません^^。

花弁に入っている斑点の様子が鳥のホトトギスの腹部にある斑点に似ていることから

そう呼ばれるようになったそうですが、私にはあまりそのようには見えませぬが。

ホトトギスの花が咲くと秋の深まりを感じます。

ホトトギス2題_b0184848_15200299.jpg
ホトトギス2題_b0184848_15201201.jpg
ホトトギス2題_b0184848_15201646.jpg
ホトトギス2題_b0184848_15201921.jpg

「トッキョキョカキョク キョッ キョッ キョッ」と、真似をしたら下を噛みそうな

鳴き方をしながら飛んでくるのは鳥のホトトギス。5月から6月にかけて中国南部や

朝鮮半島方面からやってきます。漢字では杜鵑(トケン)とも表記し、ホトトギスの仲間の
カッコウやツツドリなどを総称して「トケン類」とも呼びます。なかなかに存在感のある鳥です。

この鳥の声を聞くと「~♪卯の花の匂う垣根に ホトトギス早も来鳴きて♪~」・・・

唱歌『夏は来ぬ』のメロディが浮かんできます^^。

ホトトギス2題_b0184848_15203087.jpg
ホトトギス2題_b0184848_15204022.jpg
ホトトギス2題_b0184848_15204335.jpg
ホトトギス2題_b0184848_15204619.jpg



# by granpatoshi | 2021-10-22 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2021年 10月 19日
「秋色」を撮る

鳥がダメなら植物があるさと、近所の公園の植生をじっくり観察。

100-40090ミリマクロを通してファインダーを覗けば、色づいた植物の

花や実から「秋色」が伝わってくるのではないかと狙ってみました。

誰かが植えた柿が実をつけ美味しそうに色づいてきたけど、残念ながら渋柿。

メジロが熟柿を食べに来ます

「秋色」を撮る_b0184848_18213347.jpg
「秋色」を撮る_b0184848_18213730.jpg
「秋色」を撮る_b0184848_18214018.jpg

お、ザクロがある。あれ、酸っぱいんだよね。スーパーの果物売り場ではまったく見かけないけど、
パリのマルシェでは大粒のザクロが山盛りになっていました

「秋色」を撮る_b0184848_18214332.jpg

カラスウリは中の黒い種が大黒様の形に似ているって知ってました?

「秋色」を撮る_b0184848_18214644.jpg

野葡萄の実は寒くなると色づいてきます

「秋色」を撮る_b0184848_18214961.jpg
「秋色」を撮る_b0184848_18215269.jpg
「秋色」を撮る_b0184848_20373027.jpg
ブタクサが満開。シジミチョウの仲間らしいですが、私にはさっぱり・・・

「秋色」を撮る_b0184848_18215606.jpg
「秋色」を撮る_b0184848_18215829.jpg
「秋色」を撮る_b0184848_18220188.jpg







# by granpatoshi | 2021-10-19 07:00 | 花・生き物・ペット | Comments(2)
2021年 10月 16日
只今4連敗中・・・orz

地元の緑地公園で2連敗、海辺の野鳥公園でも2連敗・・・どこ行きゃ撮れるんだぁ。

いえね、私が大好きなヒタキたちなんですが、連続のボウズで今季ついに4連敗。

緑地公園は家から近いけど、山の上にゴーヨン担ぎ上げるのがしんどい

野鳥公園は駐車場からポイントまで近いけど、家から1時間半はかかる

加えて諸般の事情で撮影に行く時間がなく、気持ちばかりが焦る

これまでエゾやコサメの撮影で外したことはなかったけど、ついに鳥の神様に見放されたか。

只今4連敗中・・・orz_b0184848_10054933.jpg
只今4連敗中・・・orz_b0184848_10055335.jpg



# by granpatoshi | 2021-10-16 10:08 | 野鳥 | Comments(4)
2021年 10月 14日
警告灯点灯

自宅を出て高速道路に入る直前、サイドブレーキの警告灯が点灯しているのに気がつきました。

サイドブレーキの解除が完全ではないのかと思い、何度か試してみるも警告灯はつきっぱなし。

そのままUターンしてディーラーへ直行。調べてもらった結果、ブレーキホースのゴム部分が
経年劣化で傷んでオイルがにじみ出たことでリザーバータンクの油面が下がり、警告灯が点灯
したものと判明しました。

先月車検を終えたばかりで、オイル漏れが激しければすぐにわかりますが、床にオイルが溜まる

ほど油漏れしているわけでもなく、長い間にじわじわ滲み出る感じで減っていったものらしい。

ディーラーでオイルを足してもらうと警告灯は消えましたが、ブレーキホースは交換した方が
よいと言われ、即決で交換を依頼しました。

我が愛車ステージアも今年で23年目。ディーラーからすれば新車を買ってもらいたいところで

しょうが、私はこの車がとても気に入っているので永く乗り続けるつもり。そのかわり定期点検や
保険などはすべてディーラーに発注すると宣言しています。維持費用はそれなりにかかりますが、
惚れた相手ですからそれはもとより覚悟のうえ。しかしそれにしても昨今の原油価格の高騰は
一体いつまで続くんだろう。こっちは燃費は宜しくないし、しかもハイオク仕様なんだよね^^;。

警告灯点灯_b0184848_12032414.jpg
警告灯点灯_b0184848_12032966.jpg



# by granpatoshi | 2021-10-14 12:07 | 乗り物 | Comments(0)