2010年 09月 11日
自然界の造形美
先週、お山での野鳥撮影でボウズを引き当てたとき、鳥を待っていると一匹の蝶が飛んできました。
「渡り」をする蝶として有名なアサギマダラです。日本国内でマーキングしたアサギマダラが、台湾で
発見されたという話を聞いたことがありますが、風に乗って遙か2千キロの彼方まで飛翔するその能力
には、どこか神秘的なものを感じます。

先日、とある場所を車で通りがかった際、沢山の蝶が乱舞している場面に遭遇しました。
車を停めてレンズを向けると、これがなんとアサギマダラの群れとカラスアゲハ。花から花へと飛び回る
蝶の姿は何とも優雅で、それに加えて羽根の模様の美しいこと。自然界の造形の妙にしばし見とれて
いました^^。野鳥に負けず劣らず、蝶の世界の奥深さの一端を垣間見た瞬間でした。

アサギマダラ♂
b0184848_19481765.jpg
b0184848_19483042.jpg
b0184848_1948425.jpg

カラスアゲハ♀
b0184848_19485635.jpg
b0184848_19491257.jpg
b0184848_19492222.jpg

写真をクリックすると画像が大きくなります^^

by granpatoshi | 2010-09-11 19:55 | 花・生き物・ペット | Comments(6)
Commented by kanaDEmamaDEboo at 2010-09-12 09:51
granpatoshiさん  おはようございます^^

蝶の羽の模様ってほんと神秘的で美しいですね!
すごくシャープに写ってて是はマクロレンズですか?
昆虫も難しそうですね。

下の3枚目もステキ!見た瞬間なんか引き込まれそうになりました^^
写ってるのはプロペラ機ですか?4つもあるのは見たことないです。

Commented by kotodaddy at 2010-09-12 15:52
こうして拝見するとチョウも被写体として良いもんですね。
あのヒラヒラを前に追いかけ始めたら時間が経つのも忘れそうですね。
本気で追いかけてみたくなりましたよ(笑)。
Commented by よっちゃん3 at 2010-09-13 08:04 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

ご存知のように、私は鳥の撮影を始めて30年くらいになりますが、
それ以前は蝶の撮影に凝っておりました。現在でも、蝶に出会うと
ついつい撮影してしまいます。羽の美しさは素晴らしいですね。
さてアサギマダラですが、初めて伊良湖岬にサシバの渡りを見に
行ったとき、近くの山でこの蝶を見ました。当時はマクロレンズも
持参してましたので、すかさずその姿を撮影したことを思い出し
ました。今から25年ほど前の話でした。
では、また。
Commented by granpatoshi at 2010-09-13 09:47 x
kanaママさん、おはようございます♪

蝶の世界も多様性があり、奥深いものがありそうです。
これはマクロレンズではなく、100-400で撮りました。画像ソフトで
シャープネスをかけています^^。

ありがとうございます^^。
下の飛行機、3枚目は海上自衛隊の救難飛行艇US-2です。
ヘリでは距離が届かない外洋での救難活動に従事しています。任務
が任務ですから、あまり市街地上空は飛ばないですね。
Commented by granpatoshi at 2010-09-13 09:52 x
kotodaddyさん、こんにちは♪

これまで見過ごしていたチョウでしたが、改めて眺めてみると奥深い
ものがありそうです。確かにヒラヒラを追っかけていると時間を忘れて、
気がつくと1時間位同じ場所で撮ってました^^。
野鳥もいいですが、たまには蝶の世界に挑むのも面白いですね^^。
Commented by granpatoshi at 2010-09-13 10:00 x
よっちゃん3さん、おはようございます♪

野鳥も美しいと思いますが、蝶の美しさはまた格別ですね。身近な
場所に出現する可能性も野鳥よりは高そうですから、比較的撮影
しやすい被写体かも知れません。気をつけて見ていると、結構周囲に
蝶はいるもんですね。それにしても、アサギマダラの渡りの能力には
神秘的な力を感じますね^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< フェンス抜きに挑戦      秋空に舞う >>