2011年 12月 10日
Make it possible with Canon,again(^^v
ひと頃、女流写真家がカメラに向かって飛んでくる猛禽類を1Dmk4で激写するキヤノンのTVCMがあり、
あれに随分触発されました。あの写真家と同じような気分を味わえる場所が富士山西麓・朝霧高原にある
「富士花鳥園」。もちろんプロの写真家の真似をしてそう簡単に撮れるわけもありませんが、それでもあの
シーンを思い出しながら、自分に向かって飛んで来るシロフクロウやミミズクを連写しながら撮影するのは
やはり快感です^^。
天候や気温の関係で温室内でのショーだったため、鳥が飛ぶ距離が短くしかも低空飛行なのでやや迫力に
は欠けますが、フクロウの羽の先端が私の頬をかすりながら飛び抜けたり、羽ばたいた際の空気の流れが
感じられたりと、なかなかよく出来たエンターテインメントです。今回で2度目でしたが、ドンピシャのタイミング
でピントがバシッと来ているのはほんの数カット。いやなかなか難しいです^^;。
b0184848_16572649.jpg
b0184848_16573527.jpg
b0184848_16574672.jpg
b0184848_16575696.jpg
b0184848_1658734.jpg
b0184848_1658172.jpg


by granpatoshi | 2011-12-10 16:59 | 花・生き物・ペット | Comments(4)
Commented by wisteria_apr at 2011-12-10 18:28
こんばんは。見事ですね~^_^v
以前松江の同系列の花鳥園でチャレンジしましたけど、難しいですよね。
向かってくる鳥にピントを合わせるのがこんなに大変とは思いませんでした。
Commented by granpatoshi at 2011-12-10 18:48 x
wisteriaさん、こんばんは♪

ありがとうございます^^。
でも、パチピン画像が撮れたのはほんの数カットです。実はカメラの
選択を間違えますた^^;。今回は7Dでやってみたのですが、やはり
1Dの方が連写速度が速いので、その違いがハッキリ出ました。
向かってくる鳥を正面から撮る、これ意外に難しいですね。あの女性
カメラマン、尊敬します^^。
Commented by v8power at 2011-12-11 09:51 x
女性フォトグラファーにはホントいつも感心させられています。
子供の柔らかい表情を引き出すのは、どうあがいても私のようなおっさんには出来ません(T-T)
また、サッカー撮影の現場で90分間まったく集中力を途切れさせることなく600mmで被写体を追っている女性フォトグラファーにも恐れ入りました。
試合終了までシャッターを切るタイミングは全てドンピシャでした。その横で私はボケぇ~っとシャッターボタンを押していました(;_;)
Commented by granpatoshi at 2011-12-11 10:01 x
v8powerさん、おはようございます♪

女性は男(=自分)と違って感性が細やかですね^^。
ここぞという大勝負では集中力など、もしかしたら女性の方がうわて
かもしれません。恐るべし、女子パワーですね^^;。
それと女性カメラウーマンはオシャレです。小汚い格好して撮りまくって
いる男(=自分です)も見習うべしです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 皆既月食、そして64回目の誕生...      透明感 >>