2017年 10月 23日
会津の旅 その1 五色沼散策
秋の会津を楽しもうと裏磐梯を目指して出発、5時間半のドライブで裏磐梯ビジターセンターに到着です。
支度を調え、五色沼散策に出発します。最初の毘沙門沼は自然探勝路の入り口にあるので、観光バスで
訪れた大勢の観光客で大賑わい。

毘沙門沼を過ぎると本格的な森の中の散策コースになります。植生保護のためか探勝路と池の間の草木は
ほとんど伐採されず、また池に近寄ることも出来ません。コース全体は比較的アップダウンは少ないものの、
道に岩が露出して滑りやすく歩きにくい場所も。しかし日が差してコバルトブルーに輝く水面が見えると、思わず
見とれて歩みが止まります。コース途中に点在する赤沼、みどろ沼、竜沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼を縫いながら
自然探勝路は続き、終点の柳沼まで約4キロ。まだ紅葉の最盛期ではなかったものの、ツルウメモドキやズミ、
ナナカマドなどの真っ赤な実がいかにも秋の風情を感じさせてくれました。
b0184848_153131.jpg
b0184848_15311014.jpg
b0184848_15311642.jpg
b0184848_15312223.jpg
b0184848_15312846.jpg
b0184848_15313415.jpg
b0184848_15314012.jpg
b0184848_15314679.jpg
b0184848_15315237.jpg
b0184848_1531593.jpg
b0184848_1532596.jpg
b0184848_15321153.jpg


by granpatoshi | 2017-10-23 07:00 | 風景 | Comments(8)
Commented by うらくん at 2017-10-23 07:15 x
歩くのは苦手ですが、行ってみたくなりましたよ!
キレイな場所ですねぇ!
Commented by タービュランス at 2017-10-23 07:38 x
こんにちは、ご無沙汰しています。
裏磐梯懐かしいですねぇ、若かりし頃バイクでまわりました。
神秘的な色の沼はとても印象深かったです。
Commented by granpatoshi at 2017-10-23 10:15
うらくん、おはようございます

五色沼探勝路、距離は約4キロ。アップダウンが少ないので
散策にはちょうどよいと思います。森の香りを嗅ぎながら
森を歩くのは気持ちが良いです。ぜひご家族でどうぞ^^。
Commented by granpatoshi at 2017-10-23 10:17
タービュランスさん、おはようございます

こちらこそご無沙汰です。
たま~に京浜島に行っていますので、その節はどうぞ
よろしくお願いいたします。
おぉ、バイクで行かれましたか。途中の高速道路も
ツーリングのバイクがけっこう居ましたね。
Commented by wisteria_apr at 2017-10-23 21:19
こんばんは。
紅葉の風景が羨ましい昨今です。土日になると天気が悪くて難儀しています。
裏磐梯は20年近く前に行ったきりかもしれません。五色沼とか懐かしいです。
Commented by よっちゃん3 at 2017-10-24 06:53 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

五色沼、昔、私も家族と一緒にこの季節に出掛けたことがあります。
紅葉が狙いだったのですが、畑にコハクチョウが居るのを見つけて、
私だけは鳥の撮影にも専念していたことを思い出しました。
いずれにしても、この季節の五色沼の景色は最高ですね。
神秘的な美しさという表現が当てはまると思います。

では、また。

<追伸>来月中旬から入院することになりました。
Commented by granpatoshi at 2017-10-24 10:10
wisteriaさん、おはようございます

どうもご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
裏磐梯の紅葉、最盛期は少し後かもしれませんが、それでも
美しい景色には癒やされました。それにしても、季節外れの
台風や真冬なみの寒さ、困ったものですね。
Commented by granpatoshi at 2017-10-24 10:14
よっちゃん3さん、おはようございます

裏磐梯は野鳥がたくさんいますね。野鳥公園もあります。
家族と別行動で野鳥撮影とは、後でブーイングの嵐に
会ったのではないでしょうか。気持ちは分かります^^。
東北地震の影響で色が変わった池もあるそうです。
自然というのは人智の及ばない現象が多いですね。

入院、決まりましたか。くれぐれもご自愛下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 会津の旅 その2 柳津を訪ねる      上がりも降りも >>