2018年 01月 10日
落ち葉の上をガサゴソと
ミソサザイを探している合間に相手をしてくれたのはトラツグミ。
大きな瞳、お腹の鱗模様と背中の金色がとてもフォトジェニック。
ミソッチのようにチョコマカ動かないので、見つければ撮影も簡単。
体を小刻みに震わせる“トラダンス”がご愛敬です。
知人の話では地面に降りる前、枝でヒヨドリと睨み合っていたそうです。
私もシロハラとバトルしているところに出くわしたことがありますが、
穏やかなイメージとは裏腹に意外と気の強い性格なのかもしれません^^。
b0184848_13222676.jpg
b0184848_13223399.jpg
b0184848_13223881.jpg
b0184848_13224569.jpg
b0184848_13225069.jpg
b0184848_13225656.jpg
b0184848_1323417.jpg
b0184848_13231077.jpg
b0184848_13231562.jpg
b0184848_13232377.jpg


by granpatoshi | 2018-01-10 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by よっちゃん3 at 2018-01-10 07:23 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

そうそう、この鳥を探していたのです。どこかにいるはずだと思って、
散歩に行くたびに探して見るのですが、今季は全く姿を見ておりません。
おっしゃる通り、見つけられれば撮影自体はあまり難しくありません
ので、とにかく出会えるかどうかが重要ですね。
まあ、気長に通うことにしましょう。ところで、トラツグミに出会われた
時間帯はいつ頃でしょうか?私の散歩は、いつも午後1時以降なので、
ひょっとして午前中の方が出会えるのかなと思った次第です。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2018-01-10 12:00
よっちゃん3さん、こんにちは

トラツグミは地面にいることが多いので、見つけるのは
大変ですね。一度見つければ撮影は簡単なんですがね。
私が行くのは大体11時前後です。その時間にいることも
あれば、午後に出てくることもあります。私の撮影時間で
いうと、やはり午後の方が多いと思います。
だいたい30分位は地面で餌を啄んでいますが、その後は
パッタリというパターンもあります。私のこれまでの実績で
言えば10時半前後、昼過ぎ、2時前後あたりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 友情出演      珍客ご来鳥 >>