2018年 04月 24日
春たけなわ
山道を歩いているとアオゲラのドラミング音が聞こえて来ました。
キツツキのドラミング音を聞くたびに、あんなに激しく木をつついて脳震盪を起こさないのか、
頭が痛くならないのかと思います。
『ナショナルジオグラフィク』誌によれば、
「幹の内部が空洞になっているところをつついているので音の割に衝撃は小さい」
「脳が小さいので衝撃を受けた時のダメージも小さい」
「脳は頭蓋骨にぴたりと収まっていて揺さぶられない構造になっている」
のだそうです。
繁殖期を迎えてドラミングにも一層力が入っているようです。
季節の野鳥ばかりに気持ちが行きがちですが、どっこい留鳥たちも頑張っていました^^。
b0184848_18161997.jpg

b0184848_18162570.jpg
b0184848_18163156.jpg
b0184848_18163742.jpg
b0184848_1816442.jpg
b0184848_18165132.jpg
b0184848_18165784.jpg
b0184848_1817273.jpg

別の日も同じ幹でドラミングをしていました^^。
b0184848_1817947.jpg
b0184848_18171540.jpg


by granpatoshi | 2018-04-24 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by よっちゃん3 at 2018-04-24 07:12 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

アオゲラのドラミングですが、どこへ行っても良く目立ちますよね。
以前、戸隠へ行った時のことですが、たまたま、アオゲラとオオアカゲラ
がドラミングしているところに立ち会いました。と言っても、姿を見た
訳ではありませんが、音の違いを感じることが出来ました。同じような
大きさのキツツキですが、微妙に音の高低に差があることが分かりました。
我々の地元の公園でも、アオゲラとアカゲラの音の違いは分かりますね。
まあ、これは大きさもかなり違いますので、当然なのかもしれませんが・・・。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2018-04-24 13:26
よっちゃん3さん、こんにちは

ドラミングは遠くからでも聞こえますね。
小さなコゲラでも遠くから聞こえます。幹の中が空洞に
なっている箇所を見つけてドラミングするそうですが、
その反響音は聞いていて心地よいですね。
メスへのアピールという意味もあるようで、この写真の
時も近くにメスが飛んで来ました。間もなく繁殖期ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 気分爽快コアジサシ      夏は来ぬ^^ >>