2018年 05月 06日
光のパイプオルガン
メイストームが吹き荒れた日の夕方、積層運の隙間から光芒が差し込んでいました。
放射状に地上に降り注ぐ様子から「天使の梯子」と呼ばれることもあるようですが、
宮沢賢治は「光のパイプオルガン」と表現したそうで、私的には宮沢賢治に一票^^。
風や雲の状態、太陽の位置と高度など、いくつか条件が重ならないとこういう光景を
見ることは出来ません。
前日までの雨と強風で空気中の汚れが吹き飛ばされたことで、大空のパイプオルガンの
音色も一層冴え渡って聞こえました。
b0184848_17343375.jpg
b0184848_17343886.jpg
b0184848_17344443.jpg
b0184848_17344948.jpg
b0184848_1734549.jpg
b0184848_1735060.jpg
b0184848_1735555.jpg
b0184848_17351193.jpg


by granpatoshi | 2018-05-06 07:00 | 風景 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 脳内ループ      ホンダジェット >>