2018年 06月 21日
梅雨を彩る花
神奈川県の西部に位置する開成町は「アジサイの里」として知られていて、毎年6月中旬に「アジサイ祭り」が
開催されます。田んぼの中を走る農道の両脇にアジサイが植えられ、地元の人たちが一年間丹精込めて世話を
するそうです。
この時季、アジサイは街中の庭先でもよく見かけますが、田植えの終わった田んぼの農道に圧倒的なボュームで
咲く姿は見応えがあります。品種改良が進んだ結果、花の色や形もさまざまで別名“七変化”と呼ぶにふさわしい
美しさを醸しています。アジサイは梅雨空がよく似合う花だと思います。
b0184848_15221281.jpg

b0184848_15221733.jpg
b0184848_15222391.jpg
b0184848_15223020.jpg
b0184848_15223661.jpg
b0184848_15224323.jpg
b0184848_15224992.jpg
b0184848_15225512.jpg
b0184848_1523037.jpg
b0184848_1523660.jpg

今日から3日間ほど小旅行に行って参ります^^。ブログの更新は予約投稿です。

by granpatoshi | 2018-06-21 07:00 | 花・生き物・ペット | Comments(2)
Commented by うらくん at 2018-06-21 07:15 x
素晴らしいですね。
私も紫陽花見に行きたいと思いながら
なかなか行けない日々です。
ご旅行、楽しまれてください。
Commented by granpatoshi at 2018-06-24 09:39
うらくん、おはようございます

梅雨を彩る花といえばアジサイとショウブ。雨がよく似合う花です。
プロカメラマンのうらくんにとって雨は強敵ですね^^;。
ありがとうございます、旅行楽しんできます^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 展望デッキからの眺め      ヨーロッパ便3連発 >>