2018年 09月 28日
エゾビタキ、キビタキ、そしていよいよ・・・
今季エゾビタキ撮影の初日、なかなか近い枝に来てくれず少々焦り気味でしたが、ようやくホオノキの
枯れ枝の先端に止まってくれました。青空バックで光は順光ですが、コントラストが強すぎて絵的には
イマイチ感が否めません。まあ近くに来てくれたことだけでも良しとすべきでしょうか。
b0184848_15244763.jpg

b0184848_15245580.jpg
b0184848_1525175.jpg

b0184848_1525737.jpg

「ヒタキ祭り」の主役は”ヒタキ3兄弟”ですが、今年もキビタキメスが友情出演。
キビオスはあまり舞台慣れしていないのか姿を見せず、キビメスが代役を張っていました。エゾビタキの
ように陽光が燦々と降り注ぐ場所よりも、葉が覆い被さっている枝を中心に動き回っていました。
同じヒタキ類の中でも、キビタキのメスは気の強そうな面構えをしています^^。
b0184848_15251491.jpg
b0184848_15252079.jpg
b0184848_15252616.jpg
b0184848_15253153.jpg


《ブログ休止のお知らせ》
さて前回お知らせいたしましたが、2泊3日の大動脈瘤検査入院も無事終了しました。
部分麻酔で左手首から動脈にカテーテルを入れ、心臓周辺の大動脈を詳しく調べたところ大動脈瘤以外にも
ちょっと厄介な大動脈弁閉鎖不全というのが見つかりました。
主治医から、どのような方法で手術を行うのか、リスクはどうなのかなどの説明を家族と一緒に受けました。
体温を20℃まで下げ、人口心肺を使って心臓も肺も止めるので脳への血流も止まります。脳はこれ位の
低温になると1時間位はダメージを受けないそうですが、「これは大手術になります」と言われ正直ビビりました。

さて来月1日に入院、2日に手術です。
果たして無事麻酔から覚めるのだろうか、と正直やや不安な気持ちにもなりましたが、そこは家内の手前
「な~に、大丈夫だよ」と強がりで誤魔化しました。

次回、当ブログで無事「生還報告」ができることを念じて行って参ります。

by granpatoshi | 2018-09-28 07:00 | 生活


<< 政府専用機      Lovely bird >>