2018年 03月 22日 ( 1 )

2018年 03月 22日
春の雪
「春分の日」だというのにみぞれが雪に変わりました。
春先に降る雪といえばすぐに溶けてなくなる淡雪を連想しますが、どうしてどうして。部屋から外を眺めていると
横殴りの雪が降り続き、あっと言う間に家々の屋根は白くなってきました。正午の気温2.6℃、真冬でもこんな
寒い日はあまりないくらいの寒さです。

ところで「春分の日」(秋分の日も)は年によって1日違いが生じるのは何故か? 以下、国立天文台HPからの
受け売りです^^;。
・・・黄道と天の赤道はお互いが傾いているため2点で交わり、その交点のうち一方を「春分点」、もう一方を
「秋分点」と呼び、太陽が春分点・秋分点を通過する日をそれぞれ「春分日」「秋分日」と定義する・・・。
「国民の祝日に関する法律」によって「春分日」を春分の日、「秋分日」を秋分の日とするのだそうです。
我々の日常生活は壮大な天体の運行に支配されているのだということを改めて実感させられます。
b0184848_18404577.jpg

b0184848_18405243.jpg
b0184848_1841033.jpg
b0184848_1841624.jpg
b0184848_18411252.jpg
b0184848_18411827.jpg
b0184848_18412466.jpg
b0184848_18413085.jpg


by granpatoshi | 2018-03-22 07:00 | 風景 | Comments(2)