2018年 08月 22日
トリミング
70-200f4Ⅱ一本勝負の続きです。1タミから2タミへ移動してきました。
滑走路までの距離はおよそ400メートル強。エクステンダー1.4を装着しているので焦点距離は35ミリ換算で
280ミリ。この組み合わせで飛行機を撮る場合はトリミングが前提になります。

ファインダーを覗きながら、飛行機がある程度の大きさになった時点でシャッターを切り始めますが、それでも
小さい。しかし前回も書きましたが、フルサイズ機からのトリミングは画像が荒れることもなく、いい感じに切り
出せます。トリミングに関してはその是非が昔から議論のあるところですが、私はまったく気にしていません。
自分の気に入った画角に収めることが一番だと思っています。
b0184848_1114575.jpg

海南航空の北京行きボーイング737-800。この飛行機は初めて見ました
b0184848_1115252.jpg
b0184848_111591.jpg
b0184848_112518.jpg

通常、昼間の時間帯では1便しかないアシアナ航空がこの日は3便も。夏休みの増便とチャーター便だったのでしょうか
エアバスA321-200
b0184848_1121245.jpg

エアバスA330-300
b0184848_112193.jpg

エアバスA330-300
b0184848_1122614.jpg
b0184848_112337.jpg


# by granpatoshi | 2018-08-22 07:00 | カメラ・機材 | Comments(1)
2018年 08月 20日
70-200f4Ⅱ一本勝負
カメラバッグには1DXⅡと70-200f4Ⅱ、それとエクステンダー1.4Ⅲ型のみ。
展望デッキからの撮影にこの装備で果たして使えるか、第1ターミナル展望デッキで試してきました。デッキから
滑走路中心線までの距離はおよそ400メートル強。これまで1D4あるいは7DⅡに100-400(旧型)という
組み合わせでやってきたので、新しい組み合わせで果たして距離感は合うのか、ちょっと気になっていました。

滑走開始地点まではかなり距離があるのでフルサイズだとちと厳しいですが、目の前を通過してエアボーンから
上昇へと続くシーンは私的にはまったく問題なし、という結論です。ブログにアップする画像はもちろんトリミング
していますが、フルサイズからの切り出しなので画質が荒れることもなく、とてもクリアな画像です。城南島や
京浜島でも遠景はゴーヨンを使うとして、近景ではこの新しい組み合わせが威力を発揮してくれると思います。


ボーイング767ウィングレット付きはとてもレアな機体です
b0184848_10362066.jpg

エアバスA321neoは767ウィングレットとよく似ています
b0184848_10362996.jpg

ボーイング767のスタアラ塗装
b0184848_10363699.jpg

ボーイング777のスタアラ塗装
b0184848_10364350.jpg

どん? 「黄桜 呑」? よ~く見ると小さな文字で「西郷」と。『西郷どん』でした^^;
b0184848_10365096.jpg

スターウォーズR2-D2塗装
b0184848_1036564.jpg

フルパワーで大空へ駆け上がって行く787-9
b0184848_103725.jpg

元JASでレインボーカラーを身に纏っていました
b0184848_1037892.jpg

キャセイのB-HND機。Bは国籍が中国を表しています。HNDは羽田空港の3レターコードと奇しくも同じです^^
b0184848_10371486.jpg

東京ディズニーリゾート35周年記念のタイアップ塗装だそうです
b0184848_10372138.jpg


# by granpatoshi | 2018-08-20 07:00 | カメラ・機材 | Comments(2)
2018年 08月 18日
ルフトハンザ
羽田に乗り入れている欧州系のエアラインの中で、ルフトハンザは絵になる機材を充ててくるので好きです。
今の時期、羽田~ミュンヘン線の機材は最新鋭のエアバスA350-900。

南風なので第2ターミナル展望デッキから離陸を狙います。長距離路線なので3360メートルあるC滑走路を
目一杯使って離陸していくだろうと予想して立ち位置も確保していたら、何と中間地点を少し過ぎたあたりで
軽々とエアボーン。ロールスロイス社製の新型エンジン性能もさることながら、機体の空力性能の良さに度肝を
抜かれました^^。
新しい塗装デザインも斬新で、よく見ると垂直尾翼の鶴のデザインも微妙に変化しています。パッと見では気が
つかないような箇所にもちゃんと手を入れているところが憎い。
次は何とか着陸シーンを撮ってみたいものです。

LH714便がミュンヘンからご到着
b0184848_17443830.jpg

折り返しLH715便としてミュンヘンへ出発。ミュンヘンまでおよそ12時間のフライトです
b0184848_17444550.jpg
b0184848_17445139.jpg
b0184848_17445859.jpg
b0184848_1745593.jpg
b0184848_17451181.jpg
b0184848_174517100.jpg
b0184848_17453167.jpg


# by granpatoshi | 2018-08-18 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2018年 08月 16日
向日葵を観に行く
真夏を象徴する花といえばヒマワリ。
隣町の田園地帯の一角、休耕田に植えられた10万本のヒマワリが見頃を迎えたとのことなので、
撮影に行ってきました。
カンカン照りの日差しの下、太陽のような大輪の花が咲き誇っていて見事です。
ヒマワリの英名「Sunflower」はまさに見た目そのまんまの表現ですね。因みにヒマワリの花言葉
「あなただけを見つめる」「情熱」などはなるほどですが、「偽りの富」なんてのもありますぞ^^;。
炎天下のヒマワリ畑でしたが、ある種爽快感を感じながらシャッターを切りました。
b0184848_10265250.jpg
b0184848_1026588.jpg
b0184848_1027596.jpg
b0184848_10271015.jpg
b0184848_10271841.jpg
b0184848_10272465.jpg
b0184848_10273030.jpg
b0184848_1027352.jpg
b0184848_10274198.jpg
b0184848_10274737.jpg


# by granpatoshi | 2018-08-16 07:00 | 花・生き物・ペット | Comments(2)
2018年 08月 14日
雷雲接近
午後になって関東南部にも雷雲が接近、雷鳴が轟き渡るようになってきました。
酔狂にも落雷の稲光を撮ろうと、ベランダに立って雷鳴の方向にレンズを向けて光る瞬間を待ちます。
どこに落雷するかわからないので予測してレンズの向きを決めますが、ある種のゲーム感覚です。
結局あちこち振り回されましたが、一カ所に的を絞って待っていた方がヒット率は高かったかも知れません。
b0184848_1743516.jpg

b0184848_17435897.jpg
b0184848_1744560.jpg
b0184848_17441047.jpg


# by granpatoshi | 2018-08-14 07:00 | 風景 | Comments(0)