カテゴリ:風景( 150 )

2018年 09月 14日
謝楽祭2018
落語協会のイベント「謝楽祭2018」でスチール担当カメラマンのお仕事を今年もやらせていただきました。
会場は文京区湯島天神。落語協会に所属する芸人さん総出でお客様にサービスする楽しい催しです。

祭りの開会式は林屋たい平の司会、柳亭市馬落語協会会長、林屋正蔵同副会長、古今亭菊之丞謝楽祭
実行委員長という豪華顔ぶれの挨拶で始まり、特設高座での落語、のど自慢大会や落語家さんトリオの
ライブ演奏、芸人屋台や落語家さんのサイン会などが境内のあちこちで繰り広げられました。
芸人屋台では芸人さん達がそれぞれ趣向をこらして物販や飲食販売を行い、どこも長蛇の列。
「ドっとうるコーヒー」「丸山暴挙」「焼酎見舞屋」など、写真を撮りながら思わず噴いてしまうような屋号が
あったりして、会場を訪れたお客さんと一緒に楽しませてもらいました。

古今亭菊之丞謝楽祭実行委員長のトークセッションではスペシャルゲストが出演、ゲストが登場すると会場を
埋めた女性ファンからは「キャー」という悲鳴にも似た声が上がりました^^。
そして祭りのトリは林家正蔵落語協会副会長の三本締めでめでたくお開きと相成った次第です。
私のミッションはイベントの内容をすべて記録することなので、寄席の会場や境内のあちこちを動き回っては
落語家さんとファンの交流の様子を撮りまくりました。スチールは私1人だったのであちこち自由に動き回って
楽しい一日でした。
b0184848_1591981.jpg

b0184848_1592885.jpg
b0184848_1593543.jpg
b0184848_1594131.jpg
b0184848_1594897.jpg
b0184848_1595497.jpg
b0184848_1510256.jpg
b0184848_15101022.jpg
b0184848_15101920.jpg
b0184848_15102527.jpg
b0184848_15103110.jpg
b0184848_15103722.jpg


by granpatoshi | 2018-09-14 07:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 09月 08日
有楽町で逢いましょう^^
♪あなたを待てば雨が降る~♪・・・懐かしいですね、フランク永井^^。
私が社会人になって最初の10年は会社が有楽町にありました。その後、会社は別の場所に移転しましたが、
銀座、有楽町方面が懐かしくて夜な夜なこの近辺に出没したものです。

昔話はさておき、数寄屋橋交差点のソニースクエアに水族館が出現したというので見に行ってきました。
回りをオシャレなビルに囲まれた東京でも屈指の繁華街ですが、水槽の中から見える景色に魚たちは何を
想いながら泳いでいるのか。沖縄美ら海水族館から出張してきた熱帯魚たち、この後千葉県勝浦の方へ
転勤だそうです^^。

数寄屋橋交差点周辺もずいぶん様変わりしましたが、私が記憶している老舗のお店が何軒もあって
「お~、この店まだここにあるんだ」と懐かしくなりました。変わる景色と変わらぬ景色、両者入り交じって街は
発展していくのでしょうか。
b0184848_1559746.jpg
b0184848_15591487.jpg
b0184848_15592051.jpg
b0184848_15592627.jpg
b0184848_15593340.jpg
b0184848_15593929.jpg
b0184848_15594674.jpg
b0184848_15595334.jpg
b0184848_160029.jpg

昔から不二家はこの角にありましたね
b0184848_160630.jpg

かつてここは東芝ビルで阪急デパートが入っていましたが、今は東急プラザ銀座になっています
b0184848_1601212.jpg

昔は日劇ミュージックホールや新聞社がありましたが、今は有楽町マリオンです
b0184848_160185.jpg


by granpatoshi | 2018-09-08 07:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 08月 14日
雷雲接近
午後になって関東南部にも雷雲が接近、雷鳴が轟き渡るようになってきました。
酔狂にも落雷の稲光を撮ろうと、ベランダに立って雷鳴の方向にレンズを向けて光る瞬間を待ちます。
どこに落雷するかわからないので予測してレンズの向きを決めますが、ある種のゲーム感覚です。
結局あちこち振り回されましたが、一カ所に的を絞って待っていた方がヒット率は高かったかも知れません。
b0184848_1743516.jpg

b0184848_17435897.jpg
b0184848_1744560.jpg
b0184848_17441047.jpg


by granpatoshi | 2018-08-14 07:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 06月 28日
日光結構 その2 《クリンソウ》編
いまの時季、奥日光中禅寺湖畔を彩る花といえばクリンソウ。
赤沼駐車場で低公害バスに乗り換えて千手が浜を目指します。平日にもかかわらずバスは超満員。
約30分で千手が浜に到着、クリンソウの群生場所に向かって湖畔を歩きます。
梅雨には珍しい好天で、中禅寺湖と男体山が素晴らしい景観を見せてくれます^^。

クリンソウの群生地は保護のためネットが張ってありますが、編み目が大きいので撮影には問題ありません。
群生地の周囲のあちこちからキビタキの囀りが聞こえてきます。デカレンズを持ってきていないので撮る気は
ないのですが、やはり気になります。私の周囲30メートルの範囲に3個体は居たでしょうか。キビタキ探しは
諦めてクリンソウに止まるチョウ狙いです。アカボシゴマダラがヒラヒラ舞っているので追いかけていると、
ベストなポジションのクリンソウに止まってくれました。
初めてクリンソウの群生を見ましたが、これでまた「日光結構」のネタが増えました^^。
b0184848_1341897.jpg

b0184848_1342416.jpg

b0184848_13437100.jpg
b0184848_1344389.jpg
b0184848_1344958.jpg
b0184848_1345516.jpg
b0184848_135160.jpg
b0184848_135673.jpg
b0184848_1351320.jpg
b0184848_1352071.jpg

宿へ戻る前に華厳の滝に寄ってみました。落差97メートルには圧倒されます
b0184848_1352540.jpg
b0184848_1353165.jpg


by granpatoshi | 2018-06-28 07:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 05月 06日
光のパイプオルガン
メイストームが吹き荒れた日の夕方、積層運の隙間から光芒が差し込んでいました。
放射状に地上に降り注ぐ様子から「天使の梯子」と呼ばれることもあるようですが、
宮沢賢治は「光のパイプオルガン」と表現したそうで、私的には宮沢賢治に一票^^。
風や雲の状態、太陽の位置と高度など、いくつか条件が重ならないとこういう光景を
見ることは出来ません。
前日までの雨と強風で空気中の汚れが吹き飛ばされたことで、大空のパイプオルガンの
音色も一層冴え渡って聞こえました。
b0184848_17343375.jpg
b0184848_17343886.jpg
b0184848_17344443.jpg
b0184848_17344948.jpg
b0184848_1734549.jpg
b0184848_1735060.jpg
b0184848_1735555.jpg
b0184848_17351193.jpg


by granpatoshi | 2018-05-06 07:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 04月 01日
東京都心回遊
二重橋を観たあと、日比谷公園の桜はどうかと足を伸ばしてみました。
しかし正直なところ、日比谷公園の桜は期待したほどではありませんでした。それでも桜の樹の下でお弁当を
広げているグループもあったりして、春爛漫といった感じでした^^。

後ろのビルは検察庁です(あまり行きたい場所ではありません^^)
b0184848_15524444.jpg

出来たてホヤホヤの東京ミッドタウン日比谷。3月29日にグランドオープンしたばかり
b0184848_15525294.jpg
b0184848_15525862.jpg

三角屋根の建物は旧公園事務所で明治43年竣工だそうです
b0184848_1553551.jpg

それほど得るものもなかったので次はタクシーで皇居東御苑へ向かいます。地下鉄竹橋駅近くの早川門から入ります。

宮中行事に欠かせない雅楽演奏を担当する(たまに洋楽も演奏するそうです)宮内庁楽部庁舎
b0184848_15554947.jpg

東御苑天守台・・・上に上がるよりも下から見た方が良かったです
b0184848_15555631.jpg
b0184848_1556139.jpg

皇宮警察のパトカー・・・車種はスバル・インプレッサG4
b0184848_1556835.jpg

所用があって数日間家を留守にしますので、この間ブログの更新は休ませていただきます。

by granpatoshi | 2018-04-01 07:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 03月 30日
東京都心桜散歩 英国大使館から二重橋へ
千鳥ヶ淵で満開の桜を堪能したあと、内堀通り沿いに二重橋を目指します。

まずは通りの反対側にある英国大使館へ。都心でも有数の一等地にあり、さすが大英帝国の威風衰えずと
いった気配です。女王陛下に敬意を表して写真をパチリ。
b0184848_1019071.jpg
b0184848_1019780.jpg

さらに進んで半蔵門を過ぎると右手に国立劇場。前庭では神代桜、仙台屋、熊谷桜といった珍しい桜が今を盛りと
咲き誇っていました。
b0184848_10194396.jpg
b0184848_10195082.jpg
b0184848_10195529.jpg
b0184848_1020250.jpg

桜田壕に沿って進むと石垣白壁の門が見えてきました。そう、桜田門。安政年間に井伊直弼が暗殺された
「桜田門外の変」があった場所ですね。この桜田門をくぐると皇居外苑で、二重橋はすぐそこ。
桜が満開のこの時期、皇居乾通りの一般公開が行われていて入場待ちの人たちで長蛇の列。二重橋周辺は
外国人観光客ばかりでした。
b0184848_1021294.jpg
b0184848_1021810.jpg
b0184848_10211446.jpg
b0184848_10211995.jpg
b0184848_10212678.jpg
b0184848_10213210.jpg


by granpatoshi | 2018-03-30 07:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 03月 28日
都心桜散歩 千鳥ヶ淵
東京の都心は平年より1週間も早く桜が満開になりました。
数多ある東京の桜名所の中でも、やはり千鳥ヶ淵は群を抜いた美しさがあると思います。
周辺には外国大使館や超高級マンション、隣接して北の丸公園があり、お堀に枝垂れかかるように咲き誇る
ソメイヨシノなど、満開の桜を楽しむのに絶好の道具立てが揃っています。
山野にひっそり咲く桜もいいですが、都市景観の中で観る桜もなかなか味わいがあります。
b0184848_14544767.jpg

b0184848_14545317.jpg
b0184848_14545936.jpg
b0184848_145551.jpg
b0184848_14551044.jpg
b0184848_14551638.jpg
b0184848_14552227.jpg
b0184848_14552781.jpg
b0184848_14553478.jpg
b0184848_14554090.jpg
b0184848_14554541.jpg
b0184848_14555117.jpg


by granpatoshi | 2018-03-28 07:00 | 風景 | Comments(4)
2018年 03月 22日
春の雪
「春分の日」だというのにみぞれが雪に変わりました。
春先に降る雪といえばすぐに溶けてなくなる淡雪を連想しますが、どうしてどうして。部屋から外を眺めていると
横殴りの雪が降り続き、あっと言う間に家々の屋根は白くなってきました。正午の気温2.6℃、真冬でもこんな
寒い日はあまりないくらいの寒さです。

ところで「春分の日」(秋分の日も)は年によって1日違いが生じるのは何故か? 以下、国立天文台HPからの
受け売りです^^;。
・・・黄道と天の赤道はお互いが傾いているため2点で交わり、その交点のうち一方を「春分点」、もう一方を
「秋分点」と呼び、太陽が春分点・秋分点を通過する日をそれぞれ「春分日」「秋分日」と定義する・・・。
「国民の祝日に関する法律」によって「春分日」を春分の日、「秋分日」を秋分の日とするのだそうです。
我々の日常生活は壮大な天体の運行に支配されているのだということを改めて実感させられます。
b0184848_18404577.jpg

b0184848_18405243.jpg
b0184848_1841033.jpg
b0184848_1841624.jpg
b0184848_18411252.jpg
b0184848_18411827.jpg
b0184848_18412466.jpg
b0184848_18413085.jpg


by granpatoshi | 2018-03-22 07:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 02月 01日
皆既月食2018
1月31日、日本では3年ぶりの皆既月食でした。
今回の満月はスーパームーン、ブルームーン、ブラッドムーンと満月にかかわる呼び名がてんこ盛り。
『ナショジオ』誌によれば、地上でこの3つの現象が観測できるのは35年ぶりとかで、NASAのHPで
も“Super Blue Blood Moon”として紹介されています。
さて気になる天気はどうか。関東地方は午後から雲が広がってきて全天を薄雲が覆っていましたが、
食が始まる頃には空は晴れ渡り、冬の夜空に満月が煌煌と冴え渡っていました。
欠け始めの8時48分から15分から20分おきにシャッターを切って、月が欠けていく様子を撮影しました。

8時27分 月食が始まる前のSuper & Blue Moon
b0184848_10114285.jpg

8時53分 部分食が始まりました
b0184848_10114945.jpg

9時13分 月面の半分に地球の影がクッキリ投影されています
b0184848_10115569.jpg

9時43分 かなり赤くなってきました
b0184848_1012080.jpg

10時11分 月の輝度が下がって回りの星が写っています
b0184848_1012847.jpg

10時15分 もうすぐ食が最大を迎えます
b0184848_10121360.jpg

10時27分 あと2分で皆既月食です
b0184848_10121991.jpg

10時46分 月の下の部分が地球の影から抜けたので少し明るくなっています
b0184848_10122427.jpg

太陽、地球、月の運行がもたらす大スペクタクルショー、宇宙のロマンを感じた夜でした。

by granpatoshi | 2018-02-01 10:18 | 風景 | Comments(0)