カテゴリ:カメラ・機材( 36 )

2019年 02月 10日
タムキュー
TAMRON SP 90mm F2.8Di MACRO 1:1 VC USD Model F017
タムロンの90ミリマクロ「タムキュー」です。

私の主たる撮影対象の飛行機と野鳥では望遠レンズが欠かせません。
あとショートズームとミディアムレンジのズームがあれば、日常目にするだいたいのものは撮れますが、これらのレンズでは
撮れないのがマクロの世界。前々から一度マクロレンズを使ってみたいと思っていたので買うことにしました。

候補としては純正のキヤノン100ミリマクロ、シグマの70ミリマクロ「カミソリマクロ」、タムロンの90ミリマクロ「タムキュー」。
理想を言えばやはり純正にこだわりたい。しかしコストパフォーマンスを考えるとサードパーティ製も捨てがたい。
いやいや、それよりも肝心の写りの方はどうなの?ですよね。
キヤノンは純正だけあって、写り、レンズスペックのどれをとっても遜色なし。シグマは多少のレンズスペックを犠牲にして
でも写りにこだわった「キレッキレ」の写り。タムロンは両者の中間でやや純正寄り。スペックなど諸々を比較検討した結果、
タムロンに決定。ネットで探ってみるとかなり厳しい評価をする人もいるけど、概ね評価は高いようです。
開放で撮れば柔らかなボケ味、絞ればシャープで鮮明な描写がタムロンの持ち味なんだとか。値段も清水の舞台から
飛び降りなくても買える、まあマクロの入門レンズとしてはうってつけではないかと思います。

新しいレンズを使うというのは心躍るものがありますが、はてさてマクロレンズを通してどんな世界が見えてくるのか、
楽しみです。

レンズフードが案外デカイので遮光効果は高そう
b0184848_1538576.jpg

レンズ側面の設定ボタン。上=フォーカスリミッター、中=AF/MF切り替え、下=手ブレ補正ON/OFFスイッチ
b0184848_1539535.jpg

奥行き25センチの人形ケース。真ん中の金太郎人形にピント面があり、手前と奥のボケ具合がいい感じです ISO640 SS1/80 F2.8
b0184848_15391246.jpg

ベランダのツバキ。花芯のおしべにピント合わせ(トリミング) ISO200 SS1/160 F4.0
b0184848_15392122.jpg


by granpatoshi | 2019-02-10 07:00 | カメラ・機材 | Comments(4)
2018年 12月 15日
ビデオアダプター
心臓病の手術から2ヶ月、リハビリで毎日5㎞以上歩いて身体を鍛えてきました。
そろそろフィールドに出られるかなと、機材の整備などいろいろ準備を始めています。

形から入るのをモットーにしている私、三脚はジッツオ、雲台はザハトラーと生意気な組み合わせ^^;。
ザハトラー雲台をジッツオ三脚に乗せるにはビデオアダプターという部品が必要です。
しかしジッツオの純正ビデオアダプターを三脚に装着し、ザハトラー雲台を上から乗せるとどうも収まりが浅い。
これで雲台やカメラ、レンズが落下することはないものの、もう少し深くキッチリ収まりがあった方が安心感があってよろしい。
というわけで、前々から気になっていたアダプター、ホビーズワールド・オリジナルボールアダプターをポチリました。
値段も16000円と、純正のビデオアダプターに比べて少々お高め。そしてこれを装着したからといって写真の腕が
上がるわけでもなく、自己満足の世界。ま、この程度のことで喜んでいるようでは大した写真は撮れないと自分でも
思います。

白いキズのあたりまでしか入らない
b0184848_10493088.jpg

上から入れると全体の三分の一位しか入っていません
b0184848_10494042.jpg

右がジッツオ純正のビデオアダプターGS5321V75、左がホビーズワールド・オリジナルボールアダプターBA75/T234
b0184848_10501039.jpg

ジッツオ三脚に装着したところ
b0184848_10502329.jpg

そこにザハトラー雲台FSB6を差し込みます。スッポリ入った感じがします^^
b0184848_10503628.jpg


by granpatoshi | 2018-12-15 07:00 | カメラ・機材 | Comments(4)
2018年 12月 12日
三脚買い換え
このほど、三脚をジッツオのアルミからカーボンに買い換えました。
「え、まだアルミ三脚使ってんの」と言われそうですが、
「はい、その通り!」まだ立派に現役です
10年前に500ミリF4レンズを導入したときにジッツオのアルミ三脚3型を購入しました。
当時のカーボン三脚は少し強めに押さえると「撓み」があって、不安定な印象でした。
アルミ三脚は剛性があって安定感があり、価格も安かったのもアルミを選択した理由です。
この10年の間に品質改良がなされて頑丈なカーボン三脚になったと思います。

アルミ三脚はまだ十分現役で使えるのですが、やはり重い。さすがにこの歳になってくるとなるべく装備は
軽い方がいい。ましてや心臓手術の後でもあるので、なるべく機材を軽くしたいと思ったのです。
最初はカーボンの4型3段にしようかと思ったのですが、店頭で触ってみるとこれが結構太くて重い。
で、導入したのはジッツオGT3533LS、カーボン3型3段です。600ミリや800ミリだと4型以上の方がいいと
思いますが、私は500ミリなので3型で十分。重量はこれまで使っていたアルミ三脚3型が2.7㎏に対して
カーボン三脚3型が2.0㎏と700グラム軽く、この差は一日使っていると大きいと思われます。

まだフィールドデビューしていませんが、あちこちから冬鳥の情報も聞こえてくるので早く使いたいとワクワクしています^^。

b0184848_155399.jpg


by granpatoshi | 2018-12-12 07:00 | カメラ・機材 | Comments(2)
2018年 08月 22日
トリミング
70-200f4Ⅱ一本勝負の続きです。1タミから2タミへ移動してきました。
滑走路までの距離はおよそ400メートル強。エクステンダー1.4を装着しているので焦点距離は35ミリ換算で
280ミリ。この組み合わせで飛行機を撮る場合はトリミングが前提になります。

ファインダーを覗きながら、飛行機がある程度の大きさになった時点でシャッターを切り始めますが、それでも
小さい。しかし前回も書きましたが、フルサイズ機からのトリミングは画像が荒れることもなく、いい感じに切り
出せます。トリミングに関してはその是非が昔から議論のあるところですが、私はまったく気にしていません。
自分の気に入った画角に収めることが一番だと思っています。
b0184848_1114575.jpg

海南航空の北京行きボーイング737-800。この飛行機は初めて見ました
b0184848_1115252.jpg
b0184848_111591.jpg
b0184848_112518.jpg

通常、昼間の時間帯では1便しかないアシアナ航空がこの日は3便も。夏休みの増便とチャーター便だったのでしょうか
エアバスA321-200
b0184848_1121245.jpg

エアバスA330-300
b0184848_112193.jpg

エアバスA330-300
b0184848_1122614.jpg
b0184848_112337.jpg


by granpatoshi | 2018-08-22 07:00 | カメラ・機材 | Comments(2)
2018年 08月 20日
70-200f4Ⅱ一本勝負
カメラバッグには1DXⅡと70-200f4Ⅱ、それとエクステンダー1.4Ⅲ型のみ。
展望デッキからの撮影にこの装備で果たして使えるか、第1ターミナル展望デッキで試してきました。デッキから
滑走路中心線までの距離はおよそ400メートル強。これまで1D4あるいは7DⅡに100-400(旧型)という
組み合わせでやってきたので、新しい組み合わせで果たして距離感は合うのか、ちょっと気になっていました。

滑走開始地点まではかなり距離があるのでフルサイズだとちと厳しいですが、目の前を通過してエアボーンから
上昇へと続くシーンは私的にはまったく問題なし、という結論です。ブログにアップする画像はもちろんトリミング
していますが、フルサイズからの切り出しなので画質が荒れることもなく、とてもクリアな画像です。城南島や
京浜島でも遠景はゴーヨンを使うとして、近景ではこの新しい組み合わせが威力を発揮してくれると思います。


ボーイング767ウィングレット付きはとてもレアな機体です
b0184848_10362066.jpg

エアバスA321neoは767ウィングレットとよく似ています
b0184848_10362996.jpg

ボーイング767のスタアラ塗装
b0184848_10363699.jpg

ボーイング777のスタアラ塗装
b0184848_10364350.jpg

どん? 「黄桜 呑」? よ~く見ると小さな文字で「西郷」と。『西郷どん』でした^^;
b0184848_10365096.jpg

スターウォーズR2-D2塗装
b0184848_1036564.jpg

フルパワーで大空へ駆け上がって行く787-9
b0184848_103725.jpg

元JASでレインボーカラーを身に纏っていました
b0184848_1037892.jpg

キャセイのB-HND機。Bは国籍が中国を表しています。HNDは羽田空港の3レターコードと奇しくも同じです^^
b0184848_10371486.jpg

東京ディズニーリゾート35周年記念のタイアップ塗装だそうです
b0184848_10372138.jpg


by granpatoshi | 2018-08-20 07:00 | カメラ・機材 | Comments(2)
2018年 07月 04日
シェークダウン
さてさて念願の1DX2を手に入れ、ついでに衝動買いした70-200f4Ⅱの使い心地は果たしてどうかと、
さっそく城南島へGo。

気持ちが舞い上がっていたのでしょうね、記録画質の設定で、間違いではないもののRAWとJPEGを同時に
記録する設定にしていました。問題はその次。私は現像ソフトはキヤノン附属のDPPを使っているのですが、
バージョンが古くなって1DX2で撮影した画像のJPEGは読みますが、RAWデータは読んでくれない。
2、3時間格闘してようやくその理由が判明したときには何故だかRAWデータは消えておりました^^;。何とか
JPEGデータが残っていたので事なきを得ましたが。

最初の2枚は1DX2に500ミリをつけて撮影したもの。フルサイズなのでトリミングしても耐性があります。
APS-Cで撮影した写真、特に背景が単色だと画像が荒れますが、さすがフルサイズです。
AFの設定など1D4と似ている部分もありますが、61点ものAFフレームが素速く的確に被写体を捉えるなど、
やはり似て非なるものでしょう。

3枚目以降は7D MarkⅡにEF70-200 f4L ISⅡ USMをつけて撮ったものです。
軽い!というのがファーストインプレッション。最初は飛行機撮影でしたが、このレンズはあらゆる場面で威力を
発揮してくれると思います。
昼間の明るい時間帯だったので5段分の手ブレ補正の効果の程は試していませんが、これはそのうち夜撮で
試してみたいと思います。
空港ターミナルデッキからの飛行機撮影であれば1DX2に70-200f4Ⅱ、エクステンダー1.4Ⅲ型で勝負
できそうです^^。
b0184848_18573058.jpg
b0184848_18573514.jpg
b0184848_18574111.jpg
b0184848_18574777.jpg
b0184848_18575318.jpg
b0184848_1858126.jpg
b0184848_185888.jpg
b0184848_18581421.jpg
b0184848_18582066.jpg
b0184848_18582625.jpg


by granpatoshi | 2018-07-04 07:00 | カメラ・機材 | Comments(4)
2018年 07月 01日
悪魔のささやき
5月下旬に三半規管系の神経に障害が起き、半月ほど寝たり起きたりの生活を余儀なくされました。
寝ている間にいろんな事を考えます。例えば、
「果たしてあと何年、重い機材を担いで撮影に行けるのか」
「そういえば今使っているカメラも古くなってきたなぁ」
「歳を取れば取るほど、機材の買い換えも難しくなりそうだし」
「よし、人生最後の機材入れ替えをするか!泣いても笑ってもこれが最後の買い換えだぞ」

という訳で、遅ればせながらメイン機材を1D Mark4から1DX MarkⅡに乗り換えました。
カメラ店で購入手続きをしていて、ふと70-200 f4の2型が近々出るのを思い出しました。
12年ぶりのリニューアルで、約5段分の手ブレ補正効果があるのだとか。
店長に聞いてみると、予約のお客さん用の分とは別にあと2本ほど在庫があると言うではありませんか。
その場はやり過ごして自宅へ戻り、もう一度考えます。
「趣味のためだけに一度にうん十万も使って良いのか」
「う~む、でもやっぱり欲しい」
ここで悪魔がささやきます
「欲しい時が買い時だよ~。1DX MarkⅡ買ったんでしょ」
「だったらこれも一緒に買えば」

もう思考力ゼロ。速攻で電話してブツを確保してもらいました。
物欲は封印したはずなのに、一旦タガが外れるとあとはもう底なし沼・・・orz。1DX MarkⅡに関しては
以前から「あ~でもない、こ~でもない」と悩んでいたのでいわば“熟慮買い”ですが、70-200 f4 2型に
関してはまったくの“衝動買い”。悪魔に魅入られたとしかいいようがありません。
でもね、1DX MarkⅡに70-200 f4Ⅱをつけてみると、何か新しい写真世界が広がるような気が
するんですよね~(上手い下手は別として)。
b0184848_12251156.jpg


by granpatoshi | 2018-07-01 07:00 | カメラ・機材 | Comments(14)
2016年 07月 13日
明るいレンズが欲しい
先日、天の川を撮影していて痛切に感じたこと、それは「もっと明るいレンズが欲しい」。
使ったレンズはキヤノンEF24-105mm F4L IS USMで、これはこれで常用レンズとしてはキレも良くて申し分ないと
思っています。しかし暗い夜空に向けてシャッターを切るには、もう少し開放F値の明るいレンズがいい。キヤノン純正の
Lレンズが理想ですが、値段がはります。そこでネットで半日かけていろいろ調べてみました。
サードパーティ製ではタムロンかシグマ、韓国製でSamyangなる一部天文マニアの間で人気のレンズもありましたが、
いろいろあって除外。最終的にシグマが良さげとの結論に至り、さっそくAmazonでポチりました^^。

翌日届いたのがSIGMA 30mm F1.4 DC HSM |Art。APS-C専用の単焦点レンズです。
レンズスペックはググっていただくとして、私がこのレンズを選択した最大の理由はF1.4という明るさと開放絞りでの
シャープさ。一般的に昼間の撮影では絞り込めばしっかり解像しますが、星空撮影では逆に絞りを開けて光をたくさん
取り込む必要があります。ISO感度は上げたくない、長時間露光で星を流したくない、そのためには明るいレンズで
低ISO、なるべく短時間露光で星を点で写し撮る・・・これが理想です。
さてこのレンズの性能はどうか。近々、シェイクダウンを兼ねて再び暗い夜空にチャレンジしようと思います。
b0184848_1336846.jpg

近頃のレンズは花形フードが多いですが、このレンズは筒型。逆に新鮮に感じます。
b0184848_13361564.jpg

昔からシグマのレンズはちょっとクセがあるというのが定評ですが、こういうレンズを上手く使いこなすのも撮影の
楽しさ。「機材に走る前に、まずウデを磨け」という声が聞こえてきますが、何事も挑戦です。35ミリ換算で48ミリは
ほぼ標準レンズの画角に近いので常用レンズとしても使えますね。

天文つながりでいえば、7月9日は月と木星がかなり近づいた日です。中空に浮かぶ上弦の月の右に木星があったので、
500ミリレンズで撮影してみました。EOS7Dmk2 EF500mm F4L IS USM
b0184848_13403978.jpg

もう一つ天文つながりの写真を。関東では7月10日午後2時過ぎ、太陽を中心に丸い輪が出現。これは「ハロ」という現象で、
大気中の氷の粒が反射して出来る虹の一種だとか。天気が下り坂の時に出るのだそうです。EOS-1Dmk4 EF24-105mm F4L IS USM
b0184848_1341258.jpg


by granpatoshi | 2016-07-13 07:00 | カメラ・機材 | Comments(6)
2015年 12月 25日
ポチッたもの
先日、撮影していて痛切にその必要性を感じたので、amazonでポチリました^^。

注文した翌日には届きましたよ^^
b0184848_10271860.jpg

大きな段ボール箱の中には小さな白い箱が鎮座しています
b0184848_10272446.jpg

お~、来た来た^^
b0184848_10272917.jpg

速箱を開けると出て来たのはこれ。そう、PLフィルターです。レンズ前面装着式のPLフィルターは使っていますが、
500ミリレンズ用は初めて。鏡胴の上から差し込むドロップイン式です。さて効果のほどは・・・・・・乞う、ご期待^^。
b0184848_10273439.jpg


日だまりのニャン^^
話は突然変わりますが、我が家の飼い猫・海(かい)、御年19歳。人間でいえば百歳近い高齢で、一日の大半は
寝て過ごしています。家内の「ご飯ですよ~」の声に、飼い主よりも先に食卓に駆けつけるのには笑ってしまいます^^。
b0184848_10274050.jpg
b0184848_10274577.jpg
b0184848_10275215.jpg


by granpatoshi | 2015-12-25 07:00 | カメラ・機材 | Comments(6)
2015年 01月 09日
レンズフード
飛行機の撮影では、手持ち用にEF100-400F4.5-5.6L IS USMを使っています。暮れに新型が出ましたが、旧型の
直進ズームは慣れると使い易いのでまだ使うつもり。ところが、レンズフードの根元のレンズとの接合部分が摩耗して、
レンズ先端にしっかり止まらなくなりました。ストッパーが効いていないので、撮影中にボトッと落下することも度々^^;。
こりゃアカンというわけで、フードを新品に取り替えようと考えていました。
しかし、100-400にデフォルトで付いている筒型フード、あれは根元よりも先の方が広がっているので、カメラバッグに
レンズを収納した時、意外とスペースを取ります。そこでいろいろ調べると、EF70-200F2.8L USMのフードET-83Ⅱが
100-400のフィルター径と同じ77ミリ。形状も花形で細身なので省スペース。これは試してみる価値ありと判断し、
さっそくアマゾンでポチリました。

届いたフードをレンズに装着してみるとケラレもなく、見た目の印象も全体がスリムに変身^^。“形から入る”を信条としている
私としては、同じレンズでも人と違うフードを使うことでちょっとした優越感もあり、古いレンズがカッコ良く生まれ変わった
感じがして、グッドチョイスでした(^^)v。

デフォルトで付いているフード(下の写真)と比べて、こっちの方が断然カッコいい^^
b0184848_17275126.jpg
b0184848_17275718.jpg
b0184848_1728316.jpg
b0184848_1728812.jpg
b0184848_17281340.jpg


by granpatoshi | 2015-01-09 07:00 | カメラ・機材 | Comments(2)