<   2017年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2017年 12月 30日
よいお年を^^
《執念のトラツグミ》
常連さんの話では「お出ましは午後1時半過ぎだよ」とのこと。しかし2時を過ぎても気配なし。
ポイントを行ったり来たり、何度も往復して探すも見つからず。今日はボウズかと諦めかけましたが、
念のため撤収前にもうひと回りと元の場所へ戻ると何人かのカメラマンが盛んにシャッターを切って
います。ようやく今季お初のトラツグミに会うことが出来ました。諦めて帰らないで良かった^^。
b0184848_12422453.jpg
b0184848_12423234.jpg
b0184848_12423898.jpg
b0184848_12424537.jpg
b0184848_12425511.jpg
b0184848_1243166.jpg
b0184848_12431166.jpg
b0184848_12432059.jpg
b0184848_12432622.jpg
b0184848_12433235.jpg


さて今年も残すところあと2日。皆さんの今年一年はどのような年だったでしょうか
私は三叉神経痛で入院・手術、そして再入院と、前半はまったくひどいものでした
別にコレクションしている訳でもないのに、病院の診察券は増える一方です^^;

フィールドでご一緒させていただいた皆さま、お世話になりありがとうございました

どうぞよいお年をお迎え下さい

by granpatoshi | 2017-12-30 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 12月 28日
水場の訪問者
森の奥、鳥撮り以外にはほとんど人の来ない場所にその水場はあります。
1羽のシロハラが水辺に来たと思ったら、続いてツグミの集団が降りてきて水場は賑やかになりました。
両者は「スズメ目・ツグミ科・ツグミ属」なのでいわば親戚同士。特に争うこともなく浅瀬でエサを啄んで
いました。次に来たのがキセキレイ。まだ若い個体のようで、胸元の黄色が淡い色合いです。尾羽を
上下に振る“セキレイダンス”を踊りながら水場の中をせわしなく歩き回っていました。
野鳥たちは水を飲んだりエサを探したり、水場は彼らの生活に欠かせない大事な場なんですね。
最後に、最近馴染みになった別の水場のルリビタキを表敬訪問して、この日の鳥撮りは終了しました。
b0184848_11213273.jpg
b0184848_11213766.jpg
b0184848_11214437.jpg
b0184848_11215170.jpg
b0184848_11215891.jpg
b0184848_1122696.jpg
b0184848_11221086.jpg
b0184848_1122183.jpg
b0184848_11222371.jpg
b0184848_11222863.jpg


by granpatoshi | 2017-12-28 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 12月 26日
三度目の正直でようやく撮れました
今季、未だイカルを撮っていないのでこれは何とかしなくてはと、出かけてきました。
イカル探しは今回で3度目ですが、これまで2回ともボウズだったので気合いを入れて探します。最初のポイントに
1羽いましたがモジャモジャの梅の枝の中で、どこから撮っても枝が邪魔。早々に諦めて移動の途中、ムクノキの
実を啄んでいる3羽の大群(!?)を発見。ここでも枝被りが多いものの、今季初撮りなのでハードルを下げます^^。
正直なところ目の色変えて探し回る鳥ではありませんが、季節の野鳥なのでやはりここは押さえておきたいもの。
何とか今季初イカルが撮れて良かったです^^。
b0184848_1034597.jpg
b0184848_1035253.jpg
b0184848_103584.jpg
b0184848_104497.jpg
b0184848_1041086.jpg
b0184848_1041548.jpg
b0184848_1041962.jpg
b0184848_1042569.jpg
b0184848_1043185.jpg
b0184848_1043562.jpg


by granpatoshi | 2017-12-26 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 12月 24日
荒ぶるジョビ子
近頃見かけなくなりましたが、いやはやこのジョビ子には参りました^^;。
ようやく出て来てくれたルリビタキを追い回して追い払ってしまいます。すぐ傍にヒサカキの木があって、
ジョウビタキやメジロはその実を食べに来ますが、ルリビタキは食べません。不思議なことに、メジロが
いてもジョビ子は知らん顔。ルリビタキとジョウビタキ、両者は種が近いが故に縄張り争いも熾烈なので
しょうか。
b0184848_1044489.jpg

b0184848_1045165.jpg
b0184848_1045886.jpg
b0184848_105418.jpg
b0184848_1055292.jpg
b0184848_1055880.jpg
b0184848_106582.jpg
b0184848_1061019.jpg


by granpatoshi | 2017-12-24 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 12月 21日
ミサゴを撮り損なう
国内最多のトラフィックを誇る羽田空港といえども、動きがパタッと止まる時間帯もあります。そんな時にお相手を
してくれるのが運河の水鳥たち。お立ち台から眺めると、QANTASやエアニュージーランドが駐機しているエリアの
付近にカモの群れが何百羽も浮いていますが、これは遠すぎるのでパス。
お立ち台の下、目の前の水路にカンムリカイツブリやハジロカイツブリ、オオバンなどが浮いていて、潮流に乗って
近づいたり遠ざかったり。彼らの生態を見ているのも楽しいものですが、この時大失敗。実はこの運河はミサゴが
飛ぶので注意して上空をウオッチしていたのですが、目の前にハジロカイツブリのファミリーが5羽やってきたので
レンズを下に向けて撮っていて、ふと上を見るとミサゴの後ろ姿。下を見ていなければ正面から撮れたのにぃと、
悔しがっても後の祭り。悠然と塒へ帰って行くミサゴを茫然と見送ったのでした^^;。
b0184848_1712571.jpg
b0184848_171324.jpg
b0184848_171393.jpg
b0184848_1714459.jpg
b0184848_1714936.jpg
b0184848_1715691.jpg
b0184848_172476.jpg
b0184848_17294.jpg
b0184848_172163.jpg
b0184848_1722181.jpg


by granpatoshi | 2017-12-21 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 12月 19日
義理堅いルリビタキ
イカルを探しに峠道を登っていったのですが、残念ながら目的は果たせず。
さてどうするか。重い機材を担いで歩き回るのも辛いので、馴染みのルリビタキに目標変更です。底冷えのする
ポイントで1時間半。この間3度のお出ましですが、2回は見上げの位置で水場に1回。いつもならもう少し粘る
のですが、足元から忍び寄る寒さに負けて撤収しました。
他の冬鳥が見つからなくてもルリビタキだけはちゃんと顔を見せてくれます^^。
b0184848_1103170.jpg

b0184848_110363.jpg
b0184848_1104359.jpg
b0184848_1104910.jpg
b0184848_1105575.jpg
b0184848_111277.jpg
b0184848_11173.jpg
b0184848_1111346.jpg
b0184848_1111853.jpg
b0184848_111245.jpg
b0184848_1113094.jpg
b0184848_1113640.jpg


by granpatoshi | 2017-12-19 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2017年 12月 17日
遠距離撮影
京浜島のお立ち台からA滑走路への着陸接地点まで、距離はおよそ3500メートルはあるでしょうか。
APS-Cのカメラに500ミリレンズを装着して撮影しているので、800ミリ相当。気温が高いと望遠レンズの
圧縮効果でメラメラが強調され、機体の輪郭線はグニャッとして解像しません。この日、午後2時を過ぎると
気温が下がりはじめ、加えて強めの東風が低空の淀んだ空気を飛ばしてくれたので、遠距離でも何とか解像
するようになりました。飛行機の後方に見える山並みは東京湾を挟んだ対岸の千葉県木更津方面。
これからの季節、強い風が吹いて寒くなればなるほどクリアな写真が撮れるようになります。吹きっさらしの
お立ち台からの眺めも上々です^^。

SQのエアバスA350。距離は4000メートル近いでしょう
b0184848_11433220.jpg
b0184848_11433872.jpg

JALのワンワールド塗装のトリプル7
b0184848_1143453.jpg
b0184848_11435224.jpg

A滑走路への最終旋回を終えたANAの787。後続はJALの737
b0184848_11435997.jpg

b0184848_1144831.jpg
b0184848_11441812.jpg
b0184848_11442559.jpg

タッチダウンまで10秒ほど
b0184848_11443217.jpg

まだノーズギアは接地していません
b0184848_11443942.jpg


by granpatoshi | 2017-12-17 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2017年 12月 15日
ルリビタキと友達になる^^
今日も懲りずにルリビタキ撮影です。
このルリオス君、来たての頃は警戒心が強くてなかなか低い位置には下りてきませんでしたが、ようやく
この場所に慣れたのか地面に降りてエサを探すようになりました。カメラマンは私一人だけなので静かに
していると、向こうさんも安心したのかかなり近くまで寄ってきていろんなポーズで応えてくれました。
姿を見失うと「ゲゲッ、ゲゲッ」という地鳴きで居場所を教えてくれたりしてとてもフレンドリー。こちらの顔を
覚えてくれたのかなぁ^^。
b0184848_17191129.jpg
b0184848_17191924.jpg
b0184848_1719247.jpg
b0184848_17193158.jpg
b0184848_17193621.jpg
b0184848_17194491.jpg
b0184848_17195063.jpg
b0184848_17195738.jpg
b0184848_1720277.jpg
b0184848_1720869.jpg
b0184848_17201584.jpg
b0184848_17202047.jpg


by granpatoshi | 2017-12-15 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 12月 13日
森のルリビタキ
重い機材を担いで急坂を歩くこと15分、途中で2回ほど休んで呼吸を整えます。今度は急階段を下り、ようやく
ルリビタキのポイントに到着。ここのルリビタキのオスは背中の瑠璃色が濃くてとてもフォトジェニックな個体。
明るい森なので抜けの良い枝に止まってくれれば、これはもう願ったりかなったりの野鳥写真になります。
冬鳥の中でもダントツの人気を誇るルリビタキですから、しっかり撮れると嬉しくなります^^。
b0184848_10202690.jpg
b0184848_10203323.jpg
b0184848_10203980.jpg
b0184848_10204644.jpg
b0184848_10205149.jpg
b0184848_1020581.jpg
b0184848_1021393.jpg
b0184848_1021979.jpg
b0184848_10211412.jpg
b0184848_10212080.jpg


by granpatoshi | 2017-12-13 07:00 | 野鳥 | Comments(8)
2017年 12月 11日
スペシャルマーキング
ルフトハンザのフランクフルト~羽田線に特別塗装の飛行機が来ました。
機種は従来通りボーイング747-8ですが、前部胴体に「5 Starhansa」の文字とゴールドの5つ星が誇らしげに
ペイントされています。この「5 Star」はエアラインの運行において“5つ星レベル”のサービスを提供していると
認定されたエアラインに贈る称号だそうで、因みに我が国ではANAが認定されているのだとか。ルフトハンザは
ノーマル塗装以外にも、レトロ塗装やサッカーワールドカップに因んだ特別塗装を施したりと、なかなか見せて
くれます。撮り甲斐のあるエアラインだと思います。
b0184848_114910.jpg
b0184848_1141894.jpg
b0184848_1144423.jpg
b0184848_1145135.jpg
b0184848_1145510.jpg
b0184848_115269.jpg
b0184848_115860.jpg
b0184848_1151347.jpg


by granpatoshi | 2017-12-11 07:00 | 飛行機 | Comments(0)