タグ:アオゲラ ( 24 ) タグの人気記事

2018年 04月 24日
春たけなわ
山道を歩いているとアオゲラのドラミング音が聞こえて来ました。
キツツキのドラミング音を聞くたびに、あんなに激しく木をつついて脳震盪を起こさないのか、
頭が痛くならないのかと思います。
『ナショナルジオグラフィク』誌によれば、
「幹の内部が空洞になっているところをつついているので音の割に衝撃は小さい」
「脳が小さいので衝撃を受けた時のダメージも小さい」
「脳は頭蓋骨にぴたりと収まっていて揺さぶられない構造になっている」
のだそうです。
繁殖期を迎えてドラミングにも一層力が入っているようです。
季節の野鳥ばかりに気持ちが行きがちですが、どっこい留鳥たちも頑張っていました^^。
b0184848_18161997.jpg

b0184848_18162570.jpg
b0184848_18163156.jpg
b0184848_18163742.jpg
b0184848_1816442.jpg
b0184848_18165132.jpg
b0184848_18165784.jpg
b0184848_1817273.jpg

別の日も同じ幹でドラミングをしていました^^。
b0184848_1817947.jpg
b0184848_18171540.jpg


by granpatoshi | 2018-04-24 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 04月 16日
アオゲラの巣穴 その後
前回ご紹介したアオゲラの巣穴掘り、気になるので後日様子を見に行ってきました。
巣穴は散策路に面した高さ3メートル程の高さなので人が通る度に作業を中断し、道からは見えない幹の裏に
避難します。当方もレンズをあらぬ方向に向けて巣穴があることを悟られないよう気を遣っています。
健気にも一生懸命穴を掘っていますが、この場所は人目に付きやすいし天敵にも襲われやすいので別の場所に
鞍替えして欲しいです。私もしばらくの間、ここでの撮影は控えた方がいいと考えています。
b0184848_10533386.jpg
b0184848_10534019.jpg
b0184848_10534778.jpg
b0184848_10535323.jpg
b0184848_1054168.jpg
b0184848_1054834.jpg
b0184848_10541416.jpg
b0184848_10542112.jpg

b0184848_1351397.jpg
b0184848_1352662.jpg
b0184848_135344.jpg
b0184848_1354237.jpg


by granpatoshi | 2018-04-16 07:00 | 野鳥 | Comments(0)
2018年 04月 14日
掘削禁止!
そろそろ初夏の便りが届く頃だと思い、森を探索です。
山道をゆっくり登りながらあちこち目を配るも気配無し。
知り合いの方と出会い、
「どうですか」
「まだのようです」
ということで、さらに探索の範囲を広げます。

するとすぐ近くの樹木で掘削音。アオゲラがサクラの幹に巣穴を掘っています。
思わず「オイオイ、そんなところに掘ったらダメじゃん」と言いたくなるような場所です。
アオゲラはオスが繁殖用の巣穴を複数掘って、その中からメスが気に入った穴で子育てを
するんだそうですが、この穴、たぶん彼女の方からNGが出ると思います。
だって地面から3メートル位の高さだし、道に面しているんだもの^^;。
b0184848_14544533.jpg
b0184848_14545141.jpg
b0184848_14545652.jpg
b0184848_1455222.jpg
b0184848_145510100.jpg
b0184848_14551746.jpg
b0184848_14552264.jpg
b0184848_14552776.jpg


by granpatoshi | 2018-04-14 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 10月 09日
アオゲラとご対面^^
出の悪いヒタキたちを待っていても仕方がないので周辺を探索。
するとクヌギの枝にいたのはアオゲラ。久しぶりのご対面だったのでシャッター連写。
しかし敵も然る者、幹の反対側に隠れたり葉っぱ被りだったりと、なかなかいい場所に
出てくれません。少しずつ間合いを詰めて近づいていくとこちらの気配を察したのか、
一気に遠くへ飛ばれました。しばらくすると森の奥からまるで勝ち誇るかのような
ドラミングの音だけが聞こえてきました。
b0184848_168139.jpg
b0184848_168838.jpg
b0184848_168142.jpg
b0184848_1682065.jpg
b0184848_1682610.jpg
b0184848_1683184.jpg
b0184848_1683761.jpg
b0184848_1684318.jpg


by granpatoshi | 2017-10-09 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2016年 10月 07日
助っ人登場^^
遠くの枝に何やらポツンと止まっているのを発見。少しずつ間合いを詰めて数カット撮影。
コサメビタキでした。モニターをチェックしている間に飛ばれてしまい、その後はまったく鳴かず飛ばず。
と、そこに登場したのがアオゲラ。ホオノキの実を食べにきたようです。こちらが暇そうにボーッとしているのを
見かねたのか、助け船を出してくれました。アオゲラの鳴き声はよく聞くも姿を見たのは久しぶりだったので、
調子に乗ってついつい連写してしまいました。ヒタキ類と比べてアオゲラは動きが大きくてダイナミックです^^。
b0184848_16271141.jpg
b0184848_16271870.jpg
b0184848_16273010.jpg
b0184848_16274521.jpg
b0184848_1628422.jpg

b0184848_16331377.jpg

b0184848_16281815.jpg
b0184848_1628332.jpg


by granpatoshi | 2016-10-07 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2015年 05月 11日
緑啄木鳥
「キョッ、キョッ、キョッ、ケケケケ~」と力強い鳴き声が聞こえてきました。
音のする方向を探っていると、下草の中からいきなり飛びだして来たのはメスのアオゲラ。地面で一体何を
していたのか。恐らく朽ちた倒木の中に巣くっている虫でも探していたのでしょう。
別の尾根では、立ち枯れした木にオスが飛んで来ました。この幹には、コゲラが掘削したと思われる小さな
穴がたくさん開いています。まさにキツツキの名に恥じない、強烈なドラミングで幹の内部にいる虫を誘い出
していました。
b0184848_17112857.jpg

b0184848_17113551.jpg
b0184848_17114143.jpg
b0184848_17114784.jpg
b0184848_1711521.jpg
b0184848_17115873.jpg
b0184848_1712326.jpg
b0184848_1712898.jpg

キツツキ類全般を漢字では「啄木鳥」と表記しますが、「啄」は音では「たく」、訓では「ついばむ」ですから、
“木を啄む鳥”と言えば判りやすいですね。

by granpatoshi | 2015-05-11 08:00 | 野鳥 | Comments(4)
2014年 12月 15日
野鳥ア・ラ・カルト
森の中の定点ポイントに入って行くと、頭上で「ジェージェー」としわがれ声で鳴いているのはカケス君。カラスの仲間とは
思えない、美しい羽色をしています。警戒心が強いのか、見通しの良い枝には降りてこない。急いでエクステンダーを装着し、
無理矢理撮ったものの、ピン甘。真上を見上げての撮影なので首が痛くなります。
ん?今度は後ろの藪の中からルリビタキが呼んでいる。レンズを上に向けたり下に向けたり、忙しいったらありゃしない^^;。
しかし声はすれども姿は見えずで、ルリビタキも手強い。オタオタしているうちにカケスもルリビタキも居なくなり、独りポツンと
取り残されました。
いつもの巡回コースを探索しながら歩いていると、いろんな鳥たちと出会います。森の中は木の実や草の種、樹皮の下にいる
虫など、彼らの好物がたくさんあって食料には事欠かないようです。タップリ食べて体力をつけ、寒い冬を乗りきるんだぞ~^^。
b0184848_16541431.jpg

b0184848_16542029.jpg
b0184848_16542526.jpg
b0184848_16543097.jpg
b0184848_16543671.jpg
b0184848_16544269.jpg
b0184848_16544715.jpg
b0184848_16545389.jpg
b0184848_16545950.jpg
b0184848_1655477.jpg


by granpatoshi | 2014-12-15 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2014年 10月 17日
すべて世は事も無し
と、のたもうたはイギリスの詩人ロバート・ブラウニングですが、私の鳥撮り生活でも最近は特に気を引くような
鳥に出会う事も少なく、平凡でありふれた鳥ばかり^^;。
一般論で言えば、何事もなく静かで平和な時を過ごすのが一番いいのでしょうが、こと鳥撮りに関しては、
シャッターを押す指に思わず力が入るような鳥を撮りたいものです。秋の鳥が去り、冬の鳥の飛来までにはもう
少し時間がかかりそうです。
b0184848_9462512.jpg
b0184848_9463116.jpg
b0184848_9463566.jpg
b0184848_9464190.jpg
b0184848_9464618.jpg
b0184848_9465152.jpg
b0184848_9465596.jpg
b0184848_947068.jpg


by granpatoshi | 2014-10-17 09:49 | 野鳥 | Comments(6)
2014年 09月 16日
救いの神
ヒタキ狙いで丘の上へ登って見るも今日は出が悪く、時たま姿を現しても梢の天辺や逆光空抜けの枝先ばかり。
「今日は敬老の日なんだから、少しは高齢者にサービスしてくれよ」と懇願してもダメ。思っていたような写真が
撮れず、くさっているところに救世主現る(^^)/。アオゲラの若がホオノキの赤い実を食べにやって来ました。
この実はコゲラがよくつついているのを見かけますが、大型のアオゲラも好物なのでしょうか。曇天で光量が
足りない中、緑の葉と赤い実のコントラストに救われた写真となりました。
b0184848_9353846.jpg
b0184848_9354435.jpg
b0184848_9354913.jpg

逆上がりの練習でもしているのでしょうか^^
b0184848_9355530.jpg
b0184848_93601.jpg
b0184848_936624.jpg
b0184848_936112.jpg
b0184848_9361667.jpg

撤収間際、混群が水場に降りてきました^^
b0184848_9362113.jpg
b0184848_9362679.jpg


by granpatoshi | 2014-09-16 09:39 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 04月 07日
うら若き美女に会う^^
隠れてないで、出ておいで~」と呼びかけると、恐る恐る出て来たのはメスのアオゲラ^^。
立ち枯れした木の幹をつついて、樹皮の下に隠れている虫をさがしています。まだ背中の緑が薄い
ので、若い個体ではないかと思います。やはりオスよりも優しい顔付きをしているように感じますね^^。
b0184848_20534046.jpg

b0184848_2053492.jpg
b0184848_2053557.jpg
b0184848_2054144.jpg
b0184848_2054698.jpg
b0184848_2054112.jpg
b0184848_20541693.jpg


by granpatoshi | 2014-04-07 06:30 | 野鳥 | Comments(4)