タグ:ヒレンジャク ( 31 ) タグの人気記事

2018年 03月 24日
宴は終了か
この日飛来したヒレンジャクは2羽に激減。逆光の枝止まりだったので順光側に来るまで待っていると、何処かへ
飛び去りました。ついにノーシャッター、これで連勝記録も今日で途絶えたかと思っていたら、少し離れた別の場所に
いるとの情報をいただきました。
割と低いボンボリの周囲の枝で2羽が羽を休めています。残り少ないヤドリギの実を食べにボンボリを出たり入ったり。
開花直前の桜の枝止まりも見せてくれて、なかなかの千両役者ぶりでした。

最盛期には10羽以上の群れだったのが、2羽とはなんとも寂しい限りです。3年ぶりのレンジャク祭りもいよいよ
閉幕でしょうか。また来年も待ってるからね~^^。
b0184848_10532967.jpg
b0184848_10533768.jpg
b0184848_10534362.jpg
b0184848_10534973.jpg
b0184848_10535668.jpg
b0184848_1054329.jpg
b0184848_10541085.jpg
b0184848_10541641.jpg
b0184848_10542675.jpg
b0184848_10543124.jpg
b0184848_10544472.jpg
b0184848_10544996.jpg


by granpatoshi | 2018-03-24 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 03月 20日
贅沢な悩み^^
アカミヤドリギのボンボリに激しく突っ込んで残り少ない実を食べまくるヒレンジャク。
近頃では彼らの動きも何となく読めてきて、電線に止まったら次はあそこに降りると、先回りでポジション取りも。
しかしこの時はちょっと出遅れてベストポジションではありませんでしたが、何とか場所を確保。鬼のように連写
しまくりました^^。

距離数メートル、時には目線よりも下。画角の狭い500ミリレンズなので1ショットでせいぜい2羽が限度。
この距離で絞り開放なので一度に3、4羽来られてもピントは全体には行きません。どれにフォーカスしようかと
オタオタしているうちに視界から外れること多々。もう少し距離があっても良かったなぁ^^:。
一仕事終えると、そのうちの1羽が宿木の栗の枝に止まってマッタリ。周囲はシャッター連射音の嵐でした^^。
b0184848_1635676.jpg

b0184848_164324.jpg
b0184848_164910.jpg
b0184848_164155.jpg
b0184848_164219.jpg
b0184848_1642727.jpg
b0184848_1643424.jpg
b0184848_1644087.jpg
b0184848_1644657.jpg
b0184848_1645563.jpg


by granpatoshi | 2018-03-20 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 03月 18日
ヤドリギ美味いか ヒレンジャク
ボンボリに取り付いたヒレンジャクがヤドリギの実を銜えた瞬間を連写。
本当は水を飲むシーンも撮りたいのですが、我がレンジャク・フィールドにはあまりいい水場がないので、
採餌シーンをアップします。食べ頃の実があると嘴でつまんで丸呑みします。どうも味わって食べるという
習慣は彼らにはないようですね^^。生まれ故郷に帰る日も近いようなので、長旅に備えてタップリ食べて
栄養を蓄えてちょうだいね。
b0184848_15131027.jpg

b0184848_15131763.jpg
b0184848_15132225.jpg
b0184848_15132981.jpg
b0184848_15133764.jpg
b0184848_15134461.jpg
b0184848_15135080.jpg
b0184848_15135696.jpg


by granpatoshi | 2018-03-18 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 03月 16日
ヒレンジャク乱舞
ヒレンジャクが低い位置にあるヤドリギの実を食べに来ました。
ヤドリギは枝と葉が網の目状に垂れ下がっているので、その中に入られると野鳥写真としては辛いものが
あります。
ボンボリに取り付いたヒレンジャクは熟れた実から順番に食べますが、ヤドリギの実が多いとあちこち移動し、
表に出てくることがあります。この時がシャッターチャンス。まるで網にかかった鳥よろしく、いろんなポーズで
楽しませてくれました^^。
b0184848_16423826.jpg
b0184848_16424592.jpg
b0184848_16425192.jpg
b0184848_16425761.jpg
b0184848_1643325.jpg
b0184848_1643949.jpg
b0184848_16431539.jpg
b0184848_16432069.jpg
b0184848_16432695.jpg
b0184848_16433271.jpg
b0184848_16433839.jpg
b0184848_16434459.jpg


by granpatoshi | 2018-03-16 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2018年 03月 12日
今日のレンジャク その7
モフモフ感タップリ ヒレンジャク

最初の頃は高い枝だろうがなんだろうが、飛んでくれば何が何でもという感じで撮っていたけれど、近頃では
「もう高いところにいるのはパス」と、ちょっと余裕かましてます^^。
公園に隣接する畑の栗の木に来たヒレンジャクとかなり低めのヤドリギに来たヒレンジャク(同じ個体が移動
しただけですが^^;)。遠景で撮ると羽のディテールが出ませんが、これだけ近いと羽がフワフワしていてょっと
触りたくなりますね。
b0184848_10502633.jpg

b0184848_10503176.jpg
b0184848_10503835.jpg
b0184848_10504396.jpg
b0184848_10505050.jpg
b0184848_10505726.jpg
b0184848_1051480.jpg
b0184848_10511072.jpg
b0184848_10511511.jpg
b0184848_10512174.jpg

今季は3年ぶりでレンジャクの当たり年。近頃では大騒ぎすることもなくなってきましたので、当ブログの
レンジャクも今後は随時掲載とさせていただきます。

by granpatoshi | 2018-03-12 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2018年 03月 10日
今日のレンジャク その6
独り舞台だ ヒレンジャク

まだボンボリとは言えない若いヤドリギ。それでもわずかながら実が付いています。
葉の繁り具合もまばらなので、ここにレンジャクが来れば被りなしで全身が撮れるなぁと、思っていたら本当に
来ました^^。数少ないヤドリギの実を食べているところをすかさず連写。唯一残念だったのはこの時だけ背景に
雲が広がっていたこと。雲がなければ青空バックで緋色の発色ももっと良かったのではないかと思います。
b0184848_15445653.jpg
b0184848_1545233.jpg
b0184848_1545822.jpg
b0184848_15451573.jpg
b0184848_15452125.jpg
b0184848_15452611.jpg
b0184848_15453332.jpg
b0184848_15453978.jpg
b0184848_15454654.jpg
b0184848_15455275.jpg


by granpatoshi | 2018-03-10 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 03月 06日
今日のレンジャク その5
ヤドリギ熟れたか ヒレンジャク

2月のレンジャク撮影、8戦して一度もボウズがなくパーフェクトでした^^。
日頃鳥運がないと嘆き節連発の私にしては珍しいことです。

さて今回はレンジャク写真の定番、ヤドリギの実をパクッと食べている場面です。
低い位置のヤドリギの実も食べ頃になってきたようで、何度も来るようになりました。しかしボンボリの中に
入り込まれると単なるヤドリギ写真になってしまうので、外側で実をくわえたところを狙ってパシャパシャ。
実を食べ始めると下で撮影している大勢のカメラマンを気にする様子もなく、ボンボリを出たり入ったり。
お陰で狙い通りの写真が撮れました^^。
b0184848_11495048.jpg

b0184848_11495680.jpg
b0184848_1150319.jpg
b0184848_1150926.jpg
b0184848_11501583.jpg
b0184848_1150219.jpg
b0184848_11502728.jpg
b0184848_11503335.jpg
b0184848_11503924.jpg
b0184848_11504567.jpg


by granpatoshi | 2018-03-06 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 03月 02日
今日のレンジャク その4
背景スッキリ ヒレンジャク

雑用が重なり、一週間ぶりでレンジャク撮影に行って参りました。
レンジャク写真といえばヤドリギのボンボリとセットというのが定番ですが、今回はヤドリギではなく背景の
抜けた木に止まった場面をフィーチャーしました。
ヤドリギの実を食べると喉が渇くらしく、水を飲みに水場に降りて来ます。そこを狙って撮りたいのですが、
狭い水路なので立ち位置はピンポイント。そこは諦めて、水場に入る前と水を飲んだ後の枝止まりを狙い
ます。

高い梢の枝先からいきなり急降下で私の頭上を飛び越えて、目の前の枝に止まりました。水場に降りる
寸前、ほんの一瞬の枝止まりを猛連写でキャプチャー^^。水を飲んだ後は抜けの良い横枝でひと休み。
いつも枝被りに悩まされているのが嘘のようです。飛び去った後、どっと疲れが出ました^^;。
b0184848_1532918.jpg

b0184848_1533542.jpg
b0184848_1534245.jpg
b0184848_1534990.jpg
b0184848_153553.jpg
b0184848_154446.jpg
b0184848_1541154.jpg
b0184848_1541951.jpg
b0184848_1542867.jpg
b0184848_1544118.jpg
b0184848_1544744.jpg
b0184848_1545395.jpg


by granpatoshi | 2018-03-02 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
2018年 02月 24日
今日のレンジャク その3
遅刻だよ ヒレンジャク

レンジャク撮影、2月に入ってからは快調に連勝街道を進んでいます^^。
しかしこの日、午前中はサッパリ姿を見せません。これで連勝記録もついに途切れるかと半ば諦めて
イカルを撮影中、ふと後ろを振り返るとレンジャクハンターたちがバタバタしています。「お、来たな」と
急きょ後戻り。これで何とか連勝記録を伸ばすことが出来ました。

早朝から何度も来るかと思えばようやく昼過ぎに来たり、単独で1羽のみが遠くに来たりと行動パターンが
まったく読めません。いつ行っても必ず撮れるというのも新鮮味が薄れてくるし、かといっていつ来るか
分からない相手をジッと待つというのも辛い。レンジャク撮影、一筋縄では行きません。
写真が貯まりすぎたので今回は2回分を1回にまとめました。
b0184848_1041369.jpg

b0184848_10414597.jpg
b0184848_1041526.jpg
b0184848_10415887.jpg
b0184848_104259.jpg
b0184848_1042834.jpg
b0184848_10421817.jpg
b0184848_10422418.jpg
b0184848_10422851.jpg
b0184848_10423682.jpg


by granpatoshi | 2018-02-24 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
2018年 02月 20日
今日のレンジャク その2
近いぞ!ヒレンジャク


ヤドリギのボンボリはケヤキの上の方にあり、レンジャクはそこに出入りして実を食べます。
しかし遠いうえに小枝が邪魔をして絵的にはイマイチ。ここはスルーして、もっと条件の良い場所に来るのを
待ちます。
狙い通り、だいぶ低い場所に移動してきたのでここから本気を出します。枝被りのない場所から撮っていると
6羽が一斉に飛び立ち、電線に止まりました。「これは行くな」と思った次の瞬間、バラバラバラと飛んだ先は
隣接する畑の栗の木。ほぼ目線の高さ、距離は10メートル足らず。ここからが本日のハイライトで、もう連写
しまくりです^^。
「行ってて良かった」のは◆文式ですが、「待ってて良かったヒレンジャク」でした。
b0184848_9493992.jpg
b0184848_9494619.jpg
b0184848_9495353.jpg
b0184848_9495992.jpg
b0184848_950536.jpg
b0184848_9501218.jpg
b0184848_9501819.jpg
b0184848_9502463.jpg
b0184848_9503128.jpg
b0184848_9503713.jpg


by granpatoshi | 2018-02-20 07:00 | 野鳥 | Comments(6)