タグ:羽田空港 ( 234 ) タグの人気記事

2019年 05月 24日
贅沢を言ってはいけない
前日の大雨で大気中の汚れも取れ、スッキリした青空が広がっているだろうと期待して羽田空港に
馳せ参じましたが、都心方向の空は薄ボンヤリして視程もそれほど長くない。
春から夏にかけてと秋から冬にかけてとでは、空の抜けが全然違います。これは羽田空港特有の空で、
これでも今日はまだいい方なのかもしれません。
トラフィックは日本一なので贅沢を言わず、黙々とシャッターを切りましょう。
b0184848_20494544.jpg

b0184848_20495194.jpg
b0184848_2049578.jpg
b0184848_20501017.jpg
b0184848_20501798.jpg
b0184848_20502359.jpg
b0184848_20502999.jpg
b0184848_20503619.jpg


2タミで撮っていると、珍しいことにアメリカ海兵隊のVH60-Nマリーンワン2機と陸軍のCH-47チヌーク3機が
C滑走路に降りてきました。
「あ、これはVIPの来日と関係があるな」と思いつつヘリの5機編隊を撮影していると、隣にいたアメリカ人と覚しき人が
「今度トランプが来るだろ、ここでピックアップして東京まで運ぶので、その訓練だよ」と、聞きもしないのに曜日と
到着予定時間まで教えてくれました。
「おいおい、そんな重要情報を見ず知らずの日本人に喋っていいのか」と思いましたが、
「いまVIPエリアで手順を確認しているんだ」
「イコータ(横田基地)だったらセキュリティも楽なんだけどなぁ」
と、話しかけてきます^^。
こういう情報はどこからか流れ出てくるので、当日の空港周辺は早朝からエアフォースワンを撮る人たちで
ごった返すんだろうなぁと思います。
b0184848_20521292.jpg
b0184848_20521923.jpg


by granpatoshi | 2019-05-24 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2019年 04月 18日
こんなアングル、どうでしょ^^
飛行機に興味のない人だと「だから?」でしょうが、私なんぞはこんなアングルから飛行機を撮ると「お~、いいじゃん」と
なります^^。
城南島海浜公園の人口砂浜の南端、水際ギリギリまで進出して飛行機と対決。B滑走路の進入経路のほぼ真下なので
轟音が頭上から降り注いできて何とも心地よい撮影環境です。
超望遠レンズでグワッと引き寄せて撮るのもいいですが、たまにはズームレンズを使ったこんな撮り方も楽しいです。
b0184848_12255443.jpg
b0184848_12255998.jpg
b0184848_1226579.jpg
b0184848_12261084.jpg
b0184848_12261699.jpg
b0184848_12262368.jpg
b0184848_12263122.jpg
b0184848_12263724.jpg

以下の4枚はB滑走路に接地寸前のシーンですが、向かい風が強くて飛行機は滑走路の中心線と正対していません。
飛行機は離着陸に際しては機首を風上に向けて飛行しますが、風向きは常に滑走路の中心線と同じ向きとは限りません。
横風が強い時は機首を風上に向け、機体の進行方向は滑走路中心線方向。“蟹の横ばい”のような態勢で飛行するので、
これを「クラブ(Crab=蟹)を取る」といいます。そうしないと風に押されて機体が滑走路から逸脱する恐れがあるからです。
そして接地寸前に機首を滑走路中心線に合わせますが、これはかなり高等な操縦技術だそうです。
b0184848_12274924.jpg

b0184848_12275547.jpg
b0184848_1228131.jpg
b0184848_1228622.jpg


by granpatoshi | 2019-04-18 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2019年 04月 16日
京浜島のお立ち台
ようやく南風の予報が出たので、まずは城南島へ直行です。
いいアングルを探してあちこち立ち位置を変えては撮り続けますが、どうも気に入らない。結局、京浜島へ
向かうことに。お立ち台にあがってすぐ、お気に入りのベトナムエアのエアバスA350がアプローチして来ました。
北米方面からの到着機は南風運用の時はD滑走路に降りるのが原則ですが、たまにB滑走路をリクエスト
することがあり、この日はユナイテッドのボーイング787とエアカナダのボーイング777がBへ降りてきました。
京浜島は1ショットで2機を撮影することができるのも楽しい。強風吹きすさぶお立ち台で、寒さに震えながら
シャッターを押し続けた甲斐があったというものです^^。
b0184848_21343331.jpg
b0184848_21343944.jpg
b0184848_21344633.jpg
b0184848_21345140.jpg
b0184848_21345910.jpg
b0184848_2135959.jpg
b0184848_21351659.jpg
b0184848_21352252.jpg
b0184848_21352866.jpg
b0184848_21353519.jpg


by granpatoshi | 2019-04-16 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2019年 04月 06日
スポッティング
スポッティングとは飛行機の機種やレジスター(登録)番号(=レジ番)を記録することで、それを行う人をスポッターと
呼びます。羽田空港の送迎デッキで外国人がカメラももたず、双眼鏡で見ては何かメモしているのを見たことがありますが、
ハハーン、これがスポッティングというやつだなと思ったことがあります。
カメラやインターネットが普及していなかった時代、飛行機の動向を記録する行為として英国で始まったようです。
英国では高尚な趣味として認められているそうですが、これ、下手をするととんでもない結果を招くことも。
撮影が自由でない国でスポッティングをするとスパイと間違えられて拘束されることもあるようなので、注意が必要です^^;。

飛行機が好きで写真撮影が好きであれば簡単にスポッティングができます。
レジ番を記録することが最大の目的なので、スポッティング・ショットは真横からの撮影が理想です。
厳密には
レジ番が写っている
グランドレベル(空中にあるのはダメ)
順光
ポートサイド(左舷)
など、厳しい条件をクリアしていないとスポッティング・ショットにはならないのだそうです。

今回の写真はスターボード(右舷)で、タッチダウン寸前(空中にある)なので厳密な意味でのスポッティング・ショットでは
ありませんが、レジ番はしっかり写っています。
いわゆる“日の丸写真”ですが、たまにはこんな写真もいいかなと思います^^。

JA009D
b0184848_11425681.jpg

JA010D
b0184848_1143412.jpg

JA708A
b0184848_11431749.jpg

JA717A
b0184848_11432433.jpg

B-6095
b0184848_11433283.jpg

JA8985
b0184848_11434045.jpg

JA834A
b0184848_11434937.jpg

JA741A
b0184848_1143555.jpg

RP-C8782
b0184848_1144588.jpg

VN-A891
b0184848_11441145.jpg


by granpatoshi | 2019-04-06 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2019年 04月 02日
京浜島ホットアングル
大げさなタイトルを付けましたが、京浜島でB滑走路22に降りてくる飛行機を狙うとこのアングルになります。
主翼全長の長いボーイング787やエアバスA330、350だと右翼が強調されてカッコ良く写ると思います。
着陸機は滑走路22に正対して進入降下してきます。この時、後続機が写りこむことがありますが、これも私の
好きなアングルです。
京浜島からは超望遠レンズでグイッと寄ったり、空港関連施設と絡ませたりと、いろんなアプローチが可能で
楽しいです。
b0184848_16593443.jpg

b0184848_16594010.jpg
b0184848_16594669.jpg
b0184848_16595260.jpg
b0184848_16595791.jpg

アラブ首長国連邦のエアバスA319 フライトログを調べてみるとドバイ~インド~関空~広島~羽田となっていました
b0184848_17025.jpg

『もみじ饅頭号』が左舷からの強い風に煽られて右に傾いています
b0184848_170829.jpg

先航する767に後続するトリプル7
b0184848_1701533.jpg

フルサイズのカメラに500ミリ、エクステンダー1.4をかませると飛行機の前半分しか入りませんが、こういう撮り方も好きです
b0184848_1702144.jpg

赤い橋に見えますが、これはB滑走路への進入灯。滑走路中心線の延長線上に設置されていて、飛行機はこの真上を飛びながら降りてきます
b0184848_1702658.jpg


by granpatoshi | 2019-04-02 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2019年 03月 30日
う~ん、高いなぁ
京浜島から飛行機の上がりを撮る際、機体はすでにかなりの高度に達していて、必然的に腹写真ばかり。
ボーイング747クラスの大型4発機だと機体が重いこともあって、かなり低い上がりになるのですが、トリプル7-300ERや
787など最近の双発機は空力性能とエンジン性能の向上で離陸滑走距離が短く、エアボーンしてしまえば一気に上昇して
いきます。

C滑走路から北向きに離陸した機体が右旋回する地点まで、京浜島の撮影地点からだと約1000メートル。
この時点で飛行機はすでに200メートル近い高度に達しています。以前、厚木基地のスーパーホーネットが機首を
抑え気味にエアボーンして、滑走路端を通過してから急上昇するハイレートクライムを知っている身としては、旅客機に
そこまで求めるのは無理にしても、やはり高いなぁというのが正直な感想です。

羽田で低い上がりといえば、以前はルフトハンザのミュンヘン便4発機エアバスA340-600でしたが、いまは
双発のエアバスA350-900に変わってしまい、あの“地を這うような”低い上がりは見られなくなってしまいました。
京浜島では唯一、ルフトのフランクフルト便747-8iが重々しく離陸していく姿が1日1回あるだけとなりました。
b0184848_16335750.jpg

b0184848_1634545.jpg
b0184848_16341199.jpg
b0184848_16341735.jpg
b0184848_16342453.jpg
b0184848_16343180.jpg
b0184848_16343920.jpg
b0184848_16344812.jpg
b0184848_1634558.jpg

あれれ、この787、機首レドームが青い。何だろう、気になるなぁ
b0184848_1635267.jpg


by granpatoshi | 2019-03-30 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2019年 03月 06日
早々に撤収
「午前中は曇り、昼前後から晴れ」の予報を信じて羽田へ。
北風運用なのでまずは第1ターミナル展望デッキで着陸機を狙います。前夜の雨で滑走路には水が溜まり、
車輪が接地した瞬間に水煙を上げる場面を想定していたのですが、水はすっかり乾いてどの機体からも水煙は
上がらず。
諦めて第2ターミナル展望デッキへ移動。トリプル7が翼の前縁からベーパーを発生させながら上昇していく
シーンが撮れればいいなぁと狙っていたのですが、思ったほどでもなくこちらも期待外れに終わりました。
天気もシャキッとせず、ねむ~い写真を量産。「あ~あ、ダメな時は何やってもダメだぁ」と早々に撤収したので
ありました^^;。
b0184848_1593170.jpg
b0184848_1593841.jpg
b0184848_1594416.jpg
b0184848_1595156.jpg
b0184848_1595876.jpg
b0184848_1510699.jpg
b0184848_15101326.jpg
b0184848_15101920.jpg


by granpatoshi | 2019-03-06 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
2019年 01月 25日
一度は行きたい制限エリア
飛行機の離着陸を撮るのはもちろん楽しいですが、デッキから見下ろすと制限区域エリアで働いている人たちが
たくさんいて、それを撮影するのも面白いです。
飛行機がスポットに到着すると
燃料の補給
乗客の荷物の積み卸し
ケータリング材料の積み卸し
航空貨物の積み卸し
機内清掃
などの作業を限られた時間内に一斉に行います。
到着した飛行機が次に出発するまでのターンアラウンド時間は大体1時間から1時間半位でしょうか。
乗客の搭乗が完了してドアクローズ、トーイングカーが飛行機を所定の位置までプッシュバックするとあとは
パイロットのお仕事。グランドスタッフが手を振って飛行機を送り出します。この一連の流れを見ているだけでも
楽しいし、一度はこの現場に立ってみたいという思いが高まります。
b0184848_9413523.jpg

b0184848_9414949.jpg

ボーディングブリッジも離れたし、「さ~て行ってくるか」
b0184848_9415638.jpg

管制塔からプッシュバックの許可が出ました
b0184848_942350.jpg

「プッシュバックOKっす」とでも言っているのでしょうか
b0184848_9421058.jpg

トーイングバーも外れて、あとは車輪止めを外せばいよいよ出発
b0184848_9422624.jpg

「行ってらっしゃ~い」
b0184848_9423282.jpg

「今夜の飲み会の場所、例のいつもの店ね」・・・んなわけないか^^;
b0184848_9423984.jpg


by granpatoshi | 2019-01-25 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
2018年 12月 09日
京浜島つばさ公園(ストックフォトより)
京浜島つばさ公園に立つと運河を挟んで目の前はB滑走路。
南風運用の時、西からの到着機がB滑走路RW22に降りてきます。立ち位置を変えると少しずつ違うアングルの
着陸シーンが撮れます。北風運用の時はC滑走路34Rから離陸する飛行機、A滑走路34Lに着陸する飛行機と
いろんなシーンが撮影できるので、私が最も好きなポイントです。

ANAの787-8ドリームライナー初号機。これを撮影した翌月、通常塗装に戻されました
b0184848_95239.jpg

北海道から飛んで来た(つまり東から飛んで来た)エアドゥ機がBに降りるのは珍しい
b0184848_953438.jpg

JTAのジンベエジェット(青ジンベエ)ボーイング737-400。なぜか羽田にはあまり寄りつかない
b0184848_9531380.jpg

エアバスA350のコックピット・ウィンドウを見ると「インクレディブルファミリー」を思い出して仕方がない^^
b0184848_9532317.jpg

ベトナムエアのエアバスA350。この色は天候によって発色が違うので難しい
b0184848_9533411.jpg

仏ダッソー・ファルコン900。国籍記号OYはデンマーク。珍しいですね
b0184848_9534543.jpg

ANAとクロネコヤマトがパートナーシップを強化しているそうです
b0184848_954294.jpg

ゴーアラウンド(着陸復航)がかかり、目の前をフルパワーで急上昇していくボーイング767
b0184848_954186.jpg

北風運用でシンガポール航空のエアバスA350がA滑走路34Lに着陸進入
b0184848_9542893.jpg

A滑走路34Lにタッチダウン寸前のANAボーイング787
b0184848_954374.jpg


by granpatoshi | 2018-12-09 09:59 | 飛行機 | Comments(0)
2018年 10月 06日
いよいよ来週・・・
羽田空港第2ターミナル展望デッキからの眺望はいつ見てもベリーグッド^^。
目の前には東京湾が広がり、晴れて視程が良いと対岸の千葉辺りまでクッキリ見えます。
C滑走路を離着陸する飛行機が順光で撮れるので、クリアな写真が撮れます。
午後も1時を過ぎると太陽の位置が少し下がって斜光線になってくるので、陰影が出て
写真にメリハリがつきます。日がな一日ノンビリ過ごすのにも最適な2タミです^^。

プラット&ホイットニー社製のエンジンから出るジェットブラストの奔流が凄い
b0184848_11114347.jpg

私が好きなエアバスA321neo(New Engine Option)
b0184848_11115042.jpg

ミュンヘンまで11時間40分のフライトです
b0184848_11115630.jpg

私は勝手に“もみじ饅頭”と命名しております^^
b0184848_1112358.jpg

垂直尾翼のメープルリーフが効いてます
b0184848_111292.jpg

両翼がしなって空気をしっかり掴んでいます
b0184848_11121737.jpg

東京都大田区御用達
b0184848_11122299.jpg

君たちはまだ頑張っていたのか^^
b0184848_11122723.jpg

さて一週間延期された心臓の手術がいよいよ来週に迫って参りました。
以後、入院生活が続きますので当ブログもこの回で一旦休止いたします。
退院してカメラを手に出かけられるようになるのはだいぶ先だと思いますが、
それを励みに療養に励みます。

by granpatoshi | 2018-10-06 07:00 | 飛行機